Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ynyslas Garden

ダムに行った翌日の金・土・日とソーシャルサービスでした。
日曜日は隣町Borthの海へ遊びに行くことに。
バスにゆられ着いた頃にはまた雨。
雨の中ビーチに行っても悲しいだろうとバス停を少し通り過ぎたところに見つけたYnyslas Gardenへ。
s20DSCN2257.jpg

歩いているとどんどん強くなる雨。またずぶ濡れです。
ここは野菜のオーガニック栽培をしている農園で、なんと日本人女性とイギリス人男性のカップルが運営しています。
たまたまその前日オーガニック食品店でチラシを見つけたママさんDが行ってみたいと言っていたところでした。
敷地内にあるキャラバンで雨宿りさせてもらい持って行ったランチをとらせてもらうことに。
無農薬で育てたレタスやナスタチュームなどのedible flower(食用花)を摘んできてくれサラダをご馳走になりました。
s5DSCN2240.jpg

新鮮そのものでしっかりした味。美味しかった!
雨も収まってきたところでガーデンを案内してもらうことに。
s22DSCN2259.jpg

弟くんも水やりのお手伝い。
s18DSCN2254.jpg

巨大なエレファント・ガーリックを見せてもらい興味津々。
✽これが普通のにんにく↓
ngarlic.jpg

✽エレファントガーリック↓ ジャンボ!
ngarlic2.jpg

春菊や小松菜、きゅうりや茄子など日本のお野菜も育てるんだとか。
でも土や水が違うせいか同じ種でも日本のものとは違うものになってしまうらしい。
有機農法について色々教えてもらいとっても勉強になりました。
堆肥も自然のものからすべて作り、海で採ってきた海草や馬の尻尾の毛などを混ぜるんだそうです。面白い!
もっと聞きたいことがたくさんあるのでぜひまたゆっくり行きたいところ。

帰り道、Garden近くで放牧していた馬にあいさつ。
s90DSCN2362.jpg

その辺の草をちぎって差し出すと寄って来ました。フレンドリー!
s93DSCN2365.jpg

お散歩している犬に会うと怖がって通れなくなる上の子も馬は平気。
s96DSCN2368.jpg

逆に大きな犬に「Puppy Dog!(子犬ちゃん)」といつも寄っていく下の子は馬は怖いらしい(笑)
s108DSCN2383.jpg

s112DSCN2388.jpg

家に帰りお夕飯の支度をしつつ、キッチンからつながる中庭のラズベリーがたくさん真っ赤になっていることにDが気づきました。みんなでラズベリー摘み(=つまみ)に夢中になっていると、上の子Sは飽きて家の中へ。
コンロにお湯をかけていたので気になってSを追って入ると、彼女は奥で本を読み出しました。
お湯が沸いたのでどうするかママに聞きに行こうと中庭に出たほんの一瞬。

「S、バイバーイ!」 ばたん!!

・・・M(下の子)が中庭とキッチンの境目のドアを勢いよく閉めてしまった。。。

さぁたいへん。
外からは開けられません。
中では上の子が本を読んでいます。
彼女はドアを開けられません。
コンロではお鍋のお湯がぶくぶく沸騰しています。ひえー。

締め出されてしまった3人。
ドアがガラスであることが幸いしてとりあえず中に1人残ってしまったSが安全であることは確認できます。
Sもみんなは外で自分だけが中にいることが分かったようで、ドアのそばに来て本を読み出しました。
2階の窓が空いているがそこまでたどりつけない。
仕方がないのでママが塀によじ登り、お隣さんを呼ぶことに。
緊急事態のためにお隣に鍵を預けてあるとのこと。ほっ!
でもまだ持っているかどうか分からないし、だいいち家にいるかどうか。
望みを託して叫んでいるとしばらくしてお隣さんが気づいてくれました。
事情を話すと鍵を見つけてきてくれ表玄関から入って開錠。よかったー!
お隣さんに、
「どれくらい締め出されてたの?」と聞かれ、
「でも割とすぐ気づいてくれたから10-15分くらいかな」というと、
「Sは事態に気づいてないみたいだね。僕が入ったとき鼻歌うたってたよ(笑)」
と。笑
ドアを閉められたときには冷や汗ものでした。
とにかく無事でよかった。
その後みんな仲良くガーデンでいただいてきたたソラマメを剥いてお手伝い。
蒸かしたお豆はとっても美味しかったそうです。
めでたしめでたし。
s121DSCN2406.jpg

Appendix

プロフィール

kirara

Author:kirara
現在Papaioea在住。

カウンター

ブログ内検索

御用達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。