Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1387]

ハリーポッターが出てきそうです~
アンティークな内装の中でいただくお茶、
想像してうっとりしてます(笑)
しかも古美術や彫刻を見ながら♪
いっぱい目の保養になりそうですね。
ケルト音楽は楽しいので、ついついリズムをとってしまいます♪
ここは大学所有でも一般開放されていて、
設備も整っていて、とても良心的なところですねo(^-^)o
  • 2007-07-11
  • 投稿者 : あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C1388]

この建物見ると、異国~な雰囲気が漂ってきますね。
この黒い枠は木なんだと思ってたら違うんですね。ビックリ。
中もまたアンティークがいっぱいで素敵ですね。
学会なのに晩餐会だなんて、なんだか粋なんですねえ。それとも日本でも学会ってそういうものなのかなあ?

[C1389]

✽あまぞんりりーさん
この施設というかハウスの日記はモロ自己満足の世界です( *´艸`)ムププ
かなり気に入ってしまって写真なんども眺めてます。
庭の花々も綺麗だったんですよ。
小雨が降っても気にならないぐらい。途中からやんでくれましたけどね。
近所だったら毎日通いたいぐらいです。
  • 2007-07-12
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1390]

✽てーさん
そうですね~異国情緒たっぷり感じました。
この梁みたいな黒い枠、はりぼてとは驚きですよね(´∀`;)
その時代の人の遊び心とでもいうのかな。
晩餐会ってのはちょっと大げさかもヾ(;´▽`A``
キャンセル出た人のおかげで私までご馳走にありつけてラッキーでしたムフッ((´∀`*))
  • 2007-07-12
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1391]

ご主人様がお留守の時にアンさんと一緒に遊びに行きたい!
誰かがお留守の時ってどこかで聞いたような文句ですけど。
イギリスの歴史は流石に凄いですね~!こんな博物館みたいなところがまだ実際に使われているんですものね~。1900年くらいに建てられたハースト城に(カルフォルニア)に行った事がありますけど、1900年の建物でただ見学だけですよ!

[C1392]

絵本の中に入っちゃったみたいですね(><)素敵・・
外の広大な景色といい、中の歴史ある調度品といい、うっとり。
ティーブレイクに晩餐会にケルト音楽の生演奏~@@
美しいもの、古いものを大事にして、かつ楽しむ!心意気は
見習っていきたいですね^^
  • 2007-07-13
  • 投稿者 : すろう
  • URL
  • 編集

[C1393]

お呼びになりました?お呼びになったのは何方かしら?と思ったらchiblitsさんですね。(笑)
ワァ~いいですね!行きましょう行きましょう♪
暫く慌ただしい毎日を送っていたので、目と心の保養・・・あっ、耳も!
何度も映像を再生してケルト音楽を楽しませて頂きました。
素敵なお写真ありがとう♪もう少し残っている片付け、これで頑張れます!
  • 2007-07-13
  • 投稿者 : アン
  • URL
  • 編集

[C1394]

ケルト音楽、私も大好きです。
思わず、↑の音楽にも聞き入ってしまいました(*^-^)
ダンスもすごく楽しいですよねー。
私もイギリス時代のあの頃に戻りたい(笑)。
  • 2007-07-14
  • 投稿者 : chissayuki
  • URL
  • 編集

[C1395]

✽chiblitsさん
お返事こんなにおそくなってごめんなさいっ!
ぜひぜひアンさんとご一緒に遊びに来てください♪
たしかに未だに現役っていうのがビックリですよね。
地震のない国だからでしょうね。
アメリカは歴史が短いだけに、古いものを大事にする国ですよね。
  • 2007-07-18
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1396]

✽すろうさん
ずいぶん遅くなってしまいました(*_ _)人ゴメンナサイ
すろうさん表現がお上手ですよね。絵本の中ってすごく納得。
何時間でもつぶせるようなところでした。
ほんと何でも楽しむセンスはマネしたいものですね。
  • 2007-07-18
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1397]

✽アン
とんとご無沙汰してしまって。。スミマセン
ぜひぜひいらしてくださ~い♪
アンさんもお忙しくお過ごしでしたもんね。
ゆったりとヨーロッパのスローな時間を味わいに来てください。
ケルトの音色って聴くと心躍る音楽ですよね♪
  • 2007-07-18
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1398]

✽chissayukiさん
遅くなりました(*_ _)人ゴメンナサイ
音は悪いけどちゃんと楽しい雰囲気伝わりました?
ダンスはケルトのダンスが分からないので腕を組んでくるくる回ったり思い思いで楽しみました(´▽`*)アハハ
こういう文化は良い経験になりますね。
  • 2007-07-18
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kiraranote.blog50.fc2.com/tb.php/184-8a545cec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Gregynog

また明日・・・なんてもったいつけておいて、
できないこと言いました!ゴメンナサイヾ(;´▽`A``

夫はまた今朝早くからフィンランドの学会へ出発。
続く出張&こちらの重たいアイロンがけで腕が筋肉痛です。。
今週いっぱいまた1人ぼっち。えーん。

先週行ったのは夫のボス主催の学会で、学会会場兼宿泊施設
“Gregynog(グレグーノグ)”
http://www.wales.ac.uk/newpages/external/e3650.asp
dscn9135.jpg
現在ウェールズ大学が所有していて、学会や会議、
研修などに利用されています。

↓入り口から見たところ。
敷地自体はもっとずーーーっと手前からです。
dscn9139.jpg
この櫛のように刈り込まれた生垣はなんの意味があるんだろう?
↓は裏手

dscn9164.jpg
外壁の白地に黒い枠の柄は、
1800年代にヨーロッパで流行したもので、
コンクリートに枠取りをし、
木のように浮き彫りに見立てる手法。

現在の建物自体は築150年ですが、敷地内の一部分は
12世紀からの歴史あるものだそうです。
59dscn9084.jpg
建物内は、古美術品や1600年代に彫られた内装が
またため息が出るほど綺麗。
↓通用口というのかな?
61dscn9086.jpg
入り口を入ったロビーのようなところ。
123dscn9197.jpg
古美術品の数々がさらりと飾られています。
奥の通路には図書館のように本がたくさん並んでいました。
ここで裏方に徹していたボス(旦那さんの方。夫婦でボスなんです笑)
とおしゃべりしたり、うとうと(ㅎωㅎ*)しながら(笑)
学会が終わるのを待っていました。

応接間。ここにも古美術品の数々。 
66dscn9096.jpg
↓✽Blayney Room 1636年に彫られた装飾壁です。
dscn9199.jpg 125dscn9201.jpg
建物自体は19世紀に建て直されたものですが、
この部屋だけはそのまま残されました。
ただただため息が出るほど見事な彫刻です。
この部屋でイギリス人には欠かせない(笑)
11時と3時のティーブレイクを。

広大な敷地に、手入れが行き届いた庭も美しく、年輪を重ねた立派な木や
たくさんの花々が咲いていてまるで公園のようです。

ホテルだけでなく離れにコテージもあり、
大学関係者は格安で宿泊でき、一般の人も宿泊できます。
私たちが泊まった部屋は裏手で、
窓から外を見るとここにも羊が!
dscn9083.jpg
さすがウェールズ!笑

夜は晩餐会。
スターターにチキンのタイ風サラダ、メインは牛か鯛かだったので、
私は鯛のクリームソースがけをいただきました。美味しかった!
食後はデザートやワインを片手にケルト音楽の生演奏。
ハープ、ギター、バイオリンの音色が心地よくうっとり。


ハープを演奏していた女の子が
ものすごく幸せそうに弾いている姿が微笑ましかった。
後ろのパイプオルガンがとても良い音色だそうで、
聴けなかったのだけが残念でした。
83dscn9123.jpg
みんなダンスで12時過ぎまで盛り上がり、ちょっと優雅なひとときでした。

Gregynogのお庭や歴史はまた追って。。。

12件のコメント

[C1387]

ハリーポッターが出てきそうです~
アンティークな内装の中でいただくお茶、
想像してうっとりしてます(笑)
しかも古美術や彫刻を見ながら♪
いっぱい目の保養になりそうですね。
ケルト音楽は楽しいので、ついついリズムをとってしまいます♪
ここは大学所有でも一般開放されていて、
設備も整っていて、とても良心的なところですねo(^-^)o
  • 2007-07-11
  • 投稿者 : あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C1388]

この建物見ると、異国~な雰囲気が漂ってきますね。
この黒い枠は木なんだと思ってたら違うんですね。ビックリ。
中もまたアンティークがいっぱいで素敵ですね。
学会なのに晩餐会だなんて、なんだか粋なんですねえ。それとも日本でも学会ってそういうものなのかなあ?

[C1389]

✽あまぞんりりーさん
この施設というかハウスの日記はモロ自己満足の世界です( *´艸`)ムププ
かなり気に入ってしまって写真なんども眺めてます。
庭の花々も綺麗だったんですよ。
小雨が降っても気にならないぐらい。途中からやんでくれましたけどね。
近所だったら毎日通いたいぐらいです。
  • 2007-07-12
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1390]

✽てーさん
そうですね~異国情緒たっぷり感じました。
この梁みたいな黒い枠、はりぼてとは驚きですよね(´∀`;)
その時代の人の遊び心とでもいうのかな。
晩餐会ってのはちょっと大げさかもヾ(;´▽`A``
キャンセル出た人のおかげで私までご馳走にありつけてラッキーでしたムフッ((´∀`*))
  • 2007-07-12
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1391]

ご主人様がお留守の時にアンさんと一緒に遊びに行きたい!
誰かがお留守の時ってどこかで聞いたような文句ですけど。
イギリスの歴史は流石に凄いですね~!こんな博物館みたいなところがまだ実際に使われているんですものね~。1900年くらいに建てられたハースト城に(カルフォルニア)に行った事がありますけど、1900年の建物でただ見学だけですよ!

[C1392]

絵本の中に入っちゃったみたいですね(><)素敵・・
外の広大な景色といい、中の歴史ある調度品といい、うっとり。
ティーブレイクに晩餐会にケルト音楽の生演奏~@@
美しいもの、古いものを大事にして、かつ楽しむ!心意気は
見習っていきたいですね^^
  • 2007-07-13
  • 投稿者 : すろう
  • URL
  • 編集

[C1393]

お呼びになりました?お呼びになったのは何方かしら?と思ったらchiblitsさんですね。(笑)
ワァ~いいですね!行きましょう行きましょう♪
暫く慌ただしい毎日を送っていたので、目と心の保養・・・あっ、耳も!
何度も映像を再生してケルト音楽を楽しませて頂きました。
素敵なお写真ありがとう♪もう少し残っている片付け、これで頑張れます!
  • 2007-07-13
  • 投稿者 : アン
  • URL
  • 編集

[C1394]

ケルト音楽、私も大好きです。
思わず、↑の音楽にも聞き入ってしまいました(*^-^)
ダンスもすごく楽しいですよねー。
私もイギリス時代のあの頃に戻りたい(笑)。
  • 2007-07-14
  • 投稿者 : chissayuki
  • URL
  • 編集

[C1395]

✽chiblitsさん
お返事こんなにおそくなってごめんなさいっ!
ぜひぜひアンさんとご一緒に遊びに来てください♪
たしかに未だに現役っていうのがビックリですよね。
地震のない国だからでしょうね。
アメリカは歴史が短いだけに、古いものを大事にする国ですよね。
  • 2007-07-18
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1396]

✽すろうさん
ずいぶん遅くなってしまいました(*_ _)人ゴメンナサイ
すろうさん表現がお上手ですよね。絵本の中ってすごく納得。
何時間でもつぶせるようなところでした。
ほんと何でも楽しむセンスはマネしたいものですね。
  • 2007-07-18
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1397]

✽アン
とんとご無沙汰してしまって。。スミマセン
ぜひぜひいらしてくださ~い♪
アンさんもお忙しくお過ごしでしたもんね。
ゆったりとヨーロッパのスローな時間を味わいに来てください。
ケルトの音色って聴くと心躍る音楽ですよね♪
  • 2007-07-18
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1398]

✽chissayukiさん
遅くなりました(*_ _)人ゴメンナサイ
音は悪いけどちゃんと楽しい雰囲気伝わりました?
ダンスはケルトのダンスが分からないので腕を組んでくるくる回ったり思い思いで楽しみました(´▽`*)アハハ
こういう文化は良い経験になりますね。
  • 2007-07-18
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kiraranote.blog50.fc2.com/tb.php/184-8a545cec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

kirara

Author:kirara
現在Papaioea在住。

カウンター

記事のリスト

全ての記事を表示する〔クリック〕

最新の記事

ブログ内検索

御用達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。