Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1383]

おぉ~ 素晴らしいところですね。d(^^*)
お写真もとても素敵~♪
どれも見ごたえのあるものばかりで、一気にエントリーしちゃうのもったいないみたい(笑)
樹齢300年は凄いですね。うろの中に入ったら、木の精霊の声が聞こえそうですねo(^-^)o

Powis城のイメージは自然にラピュタの最後のシーンに繋がりました。(何度見ても涙がこぼれます。)
夜はケルト音楽の演奏会、いいなぁ。。
ケルト音楽大好きなんです。足ダンスを踊ったりして?
  • 2007-07-09
  • 投稿者 : あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C1384]

これは凄いお城ですね!確かにらぴゅーたのイメージがあります。お城の前は広大な芝。これはちゃんと刈れているんですよね。
イギリスの歴史さっぱり分かりませんが、イギリスとウエールズって別国なんですか?これを一緒にしてGreat Britainっていうとか?いつも思っていたんですよ。Englandっていう時もあればGreat Britainっていう時もあるのでその違いは何だろうって。
  • 2007-07-10
  • 投稿者 : Chiblits
  • URL
  • 編集

[C1385]

✽あまぞんりりーさん
中も写真が撮れればよかったんですが、撮影禁止だったんです。傘も入り口で預かってもらうか、持ち込む場合はビニール袋に入れなくてはならず、かかとが尖ったヒールもダメときちんと守られていました。
あ、あまぞんりりーさんもラピュタ好きだと思った!
私もあの映画をみると胸が詰まります。
あんな神秘的なところがこの地上にあったなんて!と思うときゅんとなります。
私もケルト好きなんです、ふふ♪とっても愉快な宴でした。
  • 2007-07-11
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1386]

✽chiblitsさん
chiblitsさんもラピュタご覧になったことありましたか。
さすが英国という感じで綺麗に芝も刈られた美しい庭園でした。
イギリス(=英国)は、いわゆるGreat BritainやU.K(The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)といわれる、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの非独立国の連合王国なのです。
サッカーとラグビーに関しては、イギリスだけ発祥国っていう特権らしく、イングランド、ウェールズなどそれぞれのチームで分かれているんです。イングランドはアングロサクソン、それ以外はケルト民族と民族の違いからけっこう敵対心が強く、民族に対する思いが強いですね。一番最初にイングランドに征服されたのはウェールズで、最後までがんばったスコットランドはそれに対するプライドも強いようです。
  • 2007-07-11
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kiraranote.blog50.fc2.com/tb.php/183-8e040679
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Powys Castle

7/4・5と1泊で夫の学会先へ。
ウェールズとイングランドの境目に位置するNew Townという町にある
大学所有の学会施設へ滞在しました。
4日の午後からウェールズでも綺麗に残されていることで有名な
ポウィス城(ウェールズ語:Powys Castle、英語:Powis Castle)
への観光があったので私も便乗することに。
dscn9066.jpg
馬で入れるようにゲートが高くなっています。
✽Powis Castleの歴史✽http://www.ukheritage.net/castles/powis_castle.htm
dscn9080.jpg
このお城は、ジブリ作品の「天空の城ラピュタ」を製作前に
宮崎駿監督が視察されたところでもあるんです。
他にもロンダ渓谷など2週間ぐらいウェールズを見て廻ったようですね。

実際に見てたしかに天空に浮かぶお城みたいで
ラピュタのイメージが浮かびます。
dscn9054.jpg dscn9043.jpg
お城というよりもすごく大きなお屋敷という感じもあり。
実はこのお城・・・
先日偶然にも『旬のイギリス』のりささんがいらしていて、
予習させてもらっていました( *´艸`)ムププ
何日かに分けてとても詳しく書かれているので
(私のより写真もだんぜんキレイ!)
上のリンクからご覧になってみてください。

もともと12世紀にポウィスの王子の中世の要塞として建てられたのが
ポウィス城の歴史の始まり。
ナショナルトラストの管理で丁寧に保存され、
見学ルートに沿ってガイドの人が立って案内していました。
dscn9022.jpg dscn9027.jpg
庭がまた素晴らしく、雨で残念ながら庭の半分しか見れなかったけど、
樹齢300年にもなるトピアリーが見事。
dscn9036.jpg dscn9040.jpg dscn9041.jpg
中が空洞になっていてベンチがあり、そこで雨宿りしてみたり、まるでトトロの世界です。
上から四段ぐらいに分かれて庭やテラスが作られています。
真ん中の段には温室も。
dscn9053.jpg dscn9052.jpg
あいにくの・・・というかまさにイギリスっぽい雨が降ったり止んだりで
写真がキレイに撮れなかったのは残念だけど、
しとしとと降る雨と霧がかった景色を上から眺めるのは
なかなか雰囲気があって良かったです。
庭にはコンサートの舞台の用意が。
dscn9045.jpg
日本でもお寺でのコンサートとか流行っていましたよね?

たまに晴れ間も見えて緑も潤って綺麗でした。
dscn9031.jpg dscn9060.jpg
放し飼いされたキジが餌をねだりにすぐ近くまで寄ってきました。
dscn9074.jpg
ファミリーでいて、お母さんキジにはぴよぴよヒヨコがついて歩いていました。
dscn9071.jpg

夜は学会会場兼宿泊施設へ戻り、お食事&ケルト音楽の演奏会。
この施設がまた素晴らしい!

そのお話はまた明日。

4件のコメント

[C1383]

おぉ~ 素晴らしいところですね。d(^^*)
お写真もとても素敵~♪
どれも見ごたえのあるものばかりで、一気にエントリーしちゃうのもったいないみたい(笑)
樹齢300年は凄いですね。うろの中に入ったら、木の精霊の声が聞こえそうですねo(^-^)o

Powis城のイメージは自然にラピュタの最後のシーンに繋がりました。(何度見ても涙がこぼれます。)
夜はケルト音楽の演奏会、いいなぁ。。
ケルト音楽大好きなんです。足ダンスを踊ったりして?
  • 2007-07-09
  • 投稿者 : あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C1384]

これは凄いお城ですね!確かにらぴゅーたのイメージがあります。お城の前は広大な芝。これはちゃんと刈れているんですよね。
イギリスの歴史さっぱり分かりませんが、イギリスとウエールズって別国なんですか?これを一緒にしてGreat Britainっていうとか?いつも思っていたんですよ。Englandっていう時もあればGreat Britainっていう時もあるのでその違いは何だろうって。
  • 2007-07-10
  • 投稿者 : Chiblits
  • URL
  • 編集

[C1385]

✽あまぞんりりーさん
中も写真が撮れればよかったんですが、撮影禁止だったんです。傘も入り口で預かってもらうか、持ち込む場合はビニール袋に入れなくてはならず、かかとが尖ったヒールもダメときちんと守られていました。
あ、あまぞんりりーさんもラピュタ好きだと思った!
私もあの映画をみると胸が詰まります。
あんな神秘的なところがこの地上にあったなんて!と思うときゅんとなります。
私もケルト好きなんです、ふふ♪とっても愉快な宴でした。
  • 2007-07-11
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1386]

✽chiblitsさん
chiblitsさんもラピュタご覧になったことありましたか。
さすが英国という感じで綺麗に芝も刈られた美しい庭園でした。
イギリス(=英国)は、いわゆるGreat BritainやU.K(The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)といわれる、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの非独立国の連合王国なのです。
サッカーとラグビーに関しては、イギリスだけ発祥国っていう特権らしく、イングランド、ウェールズなどそれぞれのチームで分かれているんです。イングランドはアングロサクソン、それ以外はケルト民族と民族の違いからけっこう敵対心が強く、民族に対する思いが強いですね。一番最初にイングランドに征服されたのはウェールズで、最後までがんばったスコットランドはそれに対するプライドも強いようです。
  • 2007-07-11
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kiraranote.blog50.fc2.com/tb.php/183-8e040679
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

kirara

Author:kirara
現在Papaioea在住。

カウンター

記事のリスト

全ての記事を表示する〔クリック〕

最新の記事

ブログ内検索

御用達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。