Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1311]

朝から大変でしたね~(^_^;)
雛鳥は無事に母親の元に帰れたのでしょうね~。
うんち爆弾にもめげずに救出劇を繰り広げられたきららノートさん、素晴らしいですヾ(>▽<)o
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : chissayuki
  • URL
  • 編集

[C1312]

きららさん、すご~い!!
怖かったでしょう!
よくまぁ、攻撃されなかったものだと驚きます。
フン攻めにはあいましたけど。。(^_^;)
勇気ありますよ! ほんとに素晴らしい!
鳥は頭がいいです。(ハトの脳みそは特別に少ないですけど^^;)
他の仲間たちもきっと、お礼を言ってるんだと思います^^
きららさんの優しさに感動です(=^_^=)
ありがとう~♪
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C1313]

何故こうも似ているんでしょうね?もう驚くやら嬉しいやら!気味が悪いやら・・・(失礼!)
クーちゃんの件をご存知のchiblitsさんや娘、絶対私の事が思い浮かぶと思うわ。(笑)
良い事をなさったわね?ネッ、絶対見捨ててはおけませんよね?でも内心ドキドキ。
カラスも顔を覚えていて集団で襲って来るらしいから、「私は助けたのよ!」と言ったって
通じないものね。
無事に親鳥の元に帰れて良かった~♪私までホッとしました。

[C1314]

✽chissayukiさん
はい、めずらしく忙しい朝でした(´∀`;)
親鳥が私の姿を見て隠れちゃって、雛を外に出したあと逃げるの必死で
再会を見届けられなかったんですが、ちゃんと出会えたようです。
うんち爆弾の威力はなかなかすごいですよ。
ボタボタボタッ!ってすごい音!(´∀`;)
被爆は免れましたけどね(笑)
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1315]

✽あまぞんりりーさん
けっこう怖かったです(^▽^;)アハッ
鳥ってくちばしとか爪がけっこう怖いんですよね。
被爆は回避できたんですが、かなり心臓ばくばくでした((´∀`;))
ちゃんと鳥同士で伝達してくれてると良いんですけどね。
そんなに褒められるとまた木に登っちゃいますから(´▽`*)アハハ
でもね、続編が・・・
今朝また事件が・・・il||li _| ̄|○ il||li
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1316]

✽アンさん
ほんとほんと!似てますね~( ´艸`)ムププ
クーちゃんのあのときの記事読み返しました。
私たちって周りで、しかもおなじような時期にこういうことが起きちゃう運命なのかしら(´∀`;) 不思議ですね~!
日本のカラスは怖いですもんね!この興奮度は実体験したアンさんが一番分かってくれるはず!
夫に話したら、連れてきちゃえば良かったのに、だって(゚×゚*)プッ
ケガしてるわけでもなく、親がそこにいるのに連れてきちゃったらそれは誘拐ってもんですよね((´∀`;)
しかもあの日のキャリー、ちょっと違うけどそっくりなのを持ってるんですよ、ふふ。こちらに来た時や引っ越しで大活躍です。
話はそれましたけど、無事に親子再会できたのも実はつかの間で・・・(´∀`;)
事件が絶えない・・・・゚・(ノД`;)・゚・
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kiraranote.blog50.fc2.com/tb.php/175-d6f64208
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

レスキューレンジャー対シーガルレンジャー

町の中心だった以前のフラットからほんの少しはずれたここへ移ってからは、
酔っ払いのケンカや鳥の鳴き声で睡眠を妨げられることもなくなり、
とても静かで快適な夜を過ごせていました。

ところが今朝は海鳥の泣き声で目を覚ます。
今日はゴミの日だからかなぁ~でも先週は気にならなかったけどな~・・・
ぐらいに思っていたけど、ずーっと泣き止まないしちょっと鳴き方がおかしい。

2階の窓から外を見てみると、隣の簡易裁判所の敷地に海鳥の雛がぴーぴー、
というよりきゃーきゃーと鳴いていました。
dscn8673.jpg
あらぁ~かわいそうに迷子だと思ってみていると、裁判所に出勤してきた人も
あらまぁどうしたの~と声をかけていく。
親鳥は迎えに来ないのかな?思ったら、雛が鳴くと親鳥らしき鳥も鳴く。
そう遠くにはいないらしい。
建物と塀の間は狭いというほどでもないけど大きな海鳥にしてみたら
建物の間で入りづらいのか、それとも見つけられないのかもしれません。
dscn8674.jpg
鳴きながら羽をばたつかせてみたり。飛んでみようと試みたのかな?

そのうち雛が呼んでもママ鳥が返事をしなくなってしまった。
dscn8665.jpg✽しょんぼり肩をおとす(ように見える)雛鳥

えぇー見捨てた??と思っていたら雛鳥も鳴き疲れたのか
鳴くのをやめ、隅っこでうずくまって休んでしまった。
dscn8670.jpg
ちゃんと鳴かなきゃママ見つけられないじゃない!と思っても思い通じず。。。

・・・続きが気になる?長いよ?((´∀`*))ニヒヒ
覚悟が出来たらこちら↓からどうぞ♪
中で働いている人が鳴き声に反応して窓の外をきょろきょろ。
目が合ったので下↓下↓と指を指すと、雛を見つけて窓を開け
「おぉースウィートハート!どうしたのぉー?」と声をかける。
すると人間に怯えて起き上がり少し離れてまた鳴きはじめました。

何とかママ鳥が見つけやすい場所に出してやりたいと思っても、
上空で見張りの海鳥がぎゃーぎゃー鳴いている。
dscn8677.jpg
海鳥ってカラスどころではない大きさで、目つきも悪いし態度は大きいし、
実はこの町ではカラスよりも海鳥の方が偉そうにしています。
見張りかと思いきや悪い海鳥にいじめられるかも・・・
おっきな図体していても一応雛だから他の鳥にもやられちゃうかもしれない。
通り側に出してやっても車にひかれたらいけないし・・・
どうしたものかとさんざん考えても、なんとか鳴き声をたよりに
ママ鳥が迎えに来てくれることを祈ろうとしばし見守ることに。

するとママ鳥の声と雛鳥の声が近くなった!すぐそこにいるかも!
表の通り側からママ鳥の声が聞こえるので、
私は裏から柵をくぐって裁判所に侵入。
雛鳥は私を逃げるように声のする通り側に鳴きながら歩いていく。
通り側の柵からママ鳥が一生懸命呼んでいました!
でもぷっくり太った雛鳥は細かい柵に頭を一生懸命つっこんでも通れず。
その姿に薄情にもちょっと(゚×゚*)プッっと噴出してしまった。

私が雛鳥に近づこうとすると上空に海鳥がわんさか集まってきて
 くわぁーっ!くわぁーっ!キャキャキャーーーッ!と威嚇しています。
雛に近づく悪者をみんなで守っているつもりなんでしょうけど、
助けてあげるんだよ!といっても聞きやしない。当たり前か。
ぎゃーぎゃーわめきながら低空飛行してきてかなり怖い。
ちょっと怯むが、建物の間をそんなに低空できるんだったら
とっとと迎えに来いっ!と私もプチギレ。
こうなったらぜったい出してやらねば!と、そーっと近づき
怯えてぷわぁーっと逆立った羽をばたばたさせて逃げる雛を
そっと両手でつかんで柵の向こうに離してやった。
まだふんわりやわらかな産毛でした。

雛の悲鳴のような声に応えて、状況の分からぬ上空の海鳥連隊は
さらに私への攻撃を強化!うんち爆弾落としながら。
dscn8678.jpg
✽雄たけびを上げて威嚇する海鳥(シーガル)連隊の乱れ舞い。

生きたままの鳥葬だけはかんべん!と頭を隠して走って逃げてきました。

通り側なので車が気になって表に廻ってみると、もう姿も見えず
鳴き声もやんだのできっとママ鳥と一緒にどこか安全なところへ行ったのでしょう。
そのあとまた裏側から外へ出てみると、
さっきの仲間かまた私の頭上を低空飛行するも今度はそんなに怖くなかった。
助けたのが分かってありがとうと言っていたのかな?なんて都合よく考える。

海鳥の恩返しどころかこの町で海鳥ににらまれたら生活できないもんね(´▽`*)アハハ
dscn8676.jpg
朝からハラハラどきどきの海鳥の赤ちゃん救出劇でした。

前の前に住んでいたフラットのときの過去記事✽屋根の上の親子に親鳥も載っています。

✽長くてすんません。ちょっと興奮気味で・・・(^▽^;)アハッ

6件のコメント

[C1311]

朝から大変でしたね~(^_^;)
雛鳥は無事に母親の元に帰れたのでしょうね~。
うんち爆弾にもめげずに救出劇を繰り広げられたきららノートさん、素晴らしいですヾ(>▽<)o
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : chissayuki
  • URL
  • 編集

[C1312]

きららさん、すご~い!!
怖かったでしょう!
よくまぁ、攻撃されなかったものだと驚きます。
フン攻めにはあいましたけど。。(^_^;)
勇気ありますよ! ほんとに素晴らしい!
鳥は頭がいいです。(ハトの脳みそは特別に少ないですけど^^;)
他の仲間たちもきっと、お礼を言ってるんだと思います^^
きららさんの優しさに感動です(=^_^=)
ありがとう~♪
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : あまぞんりりー
  • URL
  • 編集

[C1313]

何故こうも似ているんでしょうね?もう驚くやら嬉しいやら!気味が悪いやら・・・(失礼!)
クーちゃんの件をご存知のchiblitsさんや娘、絶対私の事が思い浮かぶと思うわ。(笑)
良い事をなさったわね?ネッ、絶対見捨ててはおけませんよね?でも内心ドキドキ。
カラスも顔を覚えていて集団で襲って来るらしいから、「私は助けたのよ!」と言ったって
通じないものね。
無事に親鳥の元に帰れて良かった~♪私までホッとしました。

[C1314]

✽chissayukiさん
はい、めずらしく忙しい朝でした(´∀`;)
親鳥が私の姿を見て隠れちゃって、雛を外に出したあと逃げるの必死で
再会を見届けられなかったんですが、ちゃんと出会えたようです。
うんち爆弾の威力はなかなかすごいですよ。
ボタボタボタッ!ってすごい音!(´∀`;)
被爆は免れましたけどね(笑)
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1315]

✽あまぞんりりーさん
けっこう怖かったです(^▽^;)アハッ
鳥ってくちばしとか爪がけっこう怖いんですよね。
被爆は回避できたんですが、かなり心臓ばくばくでした((´∀`;))
ちゃんと鳥同士で伝達してくれてると良いんですけどね。
そんなに褒められるとまた木に登っちゃいますから(´▽`*)アハハ
でもね、続編が・・・
今朝また事件が・・・il||li _| ̄|○ il||li
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

[C1316]

✽アンさん
ほんとほんと!似てますね~( ´艸`)ムププ
クーちゃんのあのときの記事読み返しました。
私たちって周りで、しかもおなじような時期にこういうことが起きちゃう運命なのかしら(´∀`;) 不思議ですね~!
日本のカラスは怖いですもんね!この興奮度は実体験したアンさんが一番分かってくれるはず!
夫に話したら、連れてきちゃえば良かったのに、だって(゚×゚*)プッ
ケガしてるわけでもなく、親がそこにいるのに連れてきちゃったらそれは誘拐ってもんですよね((´∀`;)
しかもあの日のキャリー、ちょっと違うけどそっくりなのを持ってるんですよ、ふふ。こちらに来た時や引っ越しで大活躍です。
話はそれましたけど、無事に親子再会できたのも実はつかの間で・・・(´∀`;)
事件が絶えない・・・・゚・(ノД`;)・゚・
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : きららノート
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kiraranote.blog50.fc2.com/tb.php/175-d6f64208
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

kirara

Author:kirara
現在Papaioea在住。

カウンター

記事のリスト

全ての記事を表示する〔クリック〕

最新の記事

ブログ内検索

御用達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。