Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛りだくさんな週末

金・土とソーシャルサービスのお仕事でした。
金曜日。
中庭で真っ赤に染まったラズベリーがたわわに生っていました。
rasberry1.jpg
子供たちはラズベリーを食べるのに夢中。ついでに私も味見。
甘酸っぱくて美味しい!!
rasberry2.jpg

庭にはまだ実は生っていなかったけどブラックベリーも。
そのほかにも苺やルバーブもあります。うー、うらやましすぎる。
私もいつか庭が持てたらぜったいベリー類をたくさん植えよう!

土曜日は11時間もの長時間でさすがにハードな1日でした。
まずは朝行くと芽が出てしまったじゃがいもをみんなで植える作業。
40kgぐらいある堆肥4袋ほどを運んですでに足腰がくがく。
potato planting

ちびっこたちは小さなバケツやポットで運び一緒にお手伝い。
途中ママのDは雨上がりで大量にいたかたつむりを手のひらいっぱいに乗せたり、ミミズを見せたり子供たちと無邪気に喜んでいました・・・私はちょっとぞぞっ(苦笑)
snail.jpg

どうせこの後も汚れるからと泥んこのまま大学のアートセンターでやっている子供向けのクレイ教室へ。
clay.jpg

ちょうど外ではMid Madというイベントをやっていて野外ステージで大音量の音楽が。
大喜びで踊りだすほかの子供たち。
dance.jpg

クレイ教室が終わった頃に彼らのパパと合流。朝ロンドンから車でやってきました。
お昼を食べるとママは用事があってばいばい。
パパと私、慣れない二人で少し不安も抱えつつ幼稚園のイベントへ。
子供たちが大好きなSali MaliというウェールズのTVキャラクターが来ているということでずっと楽しみにしていたのでした。
Sali Maliのサイト→http://www.salimali.tv/index2.htm#
黒髪の女の子がSali Mali。
salimali.jpg

イルカみたいなのはちょっと目が怖いね(苦笑)
salimalis friends

お姉ちゃんはいつも人形か絵本を持って歩くぐらい大好きで、ずっとSali Maliのそばから離れずでしたが、弟くんはおっきなSali Maliにちょっと怯えて近づけず(笑)

消防車も来て賑やかで楽しいイベントでした。
園内でしばらく遊んだ後、ストロベリー摘みへ。
2_20080623210442.jpg

いちごを摘みながらというより、食べながら摘み。
strawberry picking

その後ママに会いにまたアートセンターで待ち合わせ、Cuban Salsaにみんなノリノリ。
mid mad

泥んこ、絵の具、苺の汁やらおちびのちゅー攻撃(というよりかぶりつき)でヨダレまみれで帰ってきました。
盛りだくさんの長い長い1日でした。
スポンサーサイト

シメシメ

夢にも思ってもみませんでした。

まさかウェールズでしめ鯖が食べられるなんて!!

先日Sheepyさんが旦那さんと釣った鯖をばこさんにおすそ分けされ、ばこさんが酢漬けにしたしめ鯖を私におすそ分けしてもらったもの。
shimesaba2.jpg

獲れたて新鮮でとっても美味しかった~!
しめ鯖ってこーんなに美味しいものだったのね。
大変貴重なものをいただいて感謝感激。
魚が苦手な夫は案の定ダメだったので、私はしめしめと(しめ鯖だけに?)1人白ワインと一緒にいただきました。
日本にいたらもちろん日本酒!といく所でしょうけど、白ワインがめちゃくちゃ合う!
美味しいしめ鯖が手に入ったときはぜひお試しあれ!

ばこさん、Sheepyさんありがとう!!

Rachel's Organic Yogurt

昨日は久しぶりに友達のカフェでアルバイト。
めちゃくちゃ良いお天気でお客さんもたくさん。ほとんどが観光客です。
11時から3時半まで一番忙しい時間帯に私1人フル回転でした。
本当は2時半までの予定がオーナーのKが帰って来ず。まぁいつものことですが(苦笑)
彼女が帰ってきたと同時に客足も引いたので、持って行ったヨーグルトドリンク
p-dy-range.jpg

と、Kがおごってくれたチーズトースティ(ホットサンド)でランチしながらしばらくおしゃべり。

先日別の友達から大量にもらったヨーグルト、Rachel's Organicは、今では英国中ではもとよりアメリカにも進出したりとわりと有名なデイリーブランドになっていますが、もともとこの地域の酪農家が始めたという話を、知り合いの酪農家から聞いたことがありました。
p-llf-range-reduced.jpg

最近進出したというアメリカのサイトはさすが上手栄えがプロフェッショナルな感じです。
お膝元の英国の方は素人っぽさがあってマーケティング力の差が。。商品は英国の方が見やすくて良いけど。
米国 http://www.rachelsdairy.com/index.php
英国 http://www.rachelsorganic.co.uk/products/

名前の由来のレイチェルさんが創始者なのかと思ったら、ルーツはおばあちゃんにありました。
ここの大学で初の女性の乳製品工業技術者になったのがレイチェルのおばあさん。
農学教授と結婚したものの、45歳で旦那さんを亡くし、3児の母で未亡人となり酪農を始めたのがルーツだとか。そこからお母さんの代に代わりオーガニック酪農の基盤を固め、レイチェルさんがヨーグルトとして製品化しここまで有名にさせたようです。
http://www.rachelsorganic.co.uk/about/history.php
この小さな町で、3代に渡る女性の酪農家たちがここまで築き上げるとはすごい。さすが女性が強い国です。
地元の人は会社の規模を広げすぎたことに寂しく感じる人もいるようですが、同じイギリス内でも知られることのないこの地域からこれだけのブランドに育てたことをもっと上手にアピールしたらいいのにね。
貴重な地域の自慢のブランドです。

ロンドンへ

先週金曜日からちょっと用事があり1人ロンドンにおのぼりしてきました。
sDSCN1956s_20080612014328.jpg
✽写真大
朝4時半に起きて5時12分の始発で出発。行きは5時間、帰りは6時間の旅。
sDSCN1957.jpg
うっとりと朝焼けと朝靄のなかを抜け、2時間いくと途中の駅Shrewsburyでしばらく停車。
まず予定通りには進まないこちらの電車。いつもお得意の遅れた電車の待ち合わせかなぁーなんて思っていたら車内アナウンス。
「遅れて申し訳ありません。ドライバーがいなくなってしまい、探していますが見つからないので他のドライバーを探しています・・・」
・・・はぁー???
さすがに慣れてるこちらの乗客のみなさんも口々になんだそりゃ??
隣の席に座っていた女の子たちも「なにそれー!誰かに言いたいっ!」と興奮気味(苦笑)
もう笑うしかありません。
しばらくすると、「ドライバーが見つかりました!10分後に発車します」とのアナウンス。
30分遅れぐらいで済んだので良い方かな。

ロンドンには1泊の予定。あまり時間のない中、早足でちらり観光。
オックスフォードサーカスからユニクロなど覗きつつ、
sDSCN1960.jpg

ナショナルギャラリーへ。
sDSCN1961.jpg

1時間半ほど絵画鑑賞を楽しんで、そこからビッグベンを遠目に眺めつつピカデリーサーカスへ。
sDSCN1978.jpg

sDSCN1984.jpg

sDSCN1988.jpg

三越へぶらり覗くと半分以上が韓国人観光客でびっくり。ジャパンセンターでめんつゆなど少し買って、バッキンガム宮殿へ。
sDSCN1994.jpg
sDSCN2007.jpg

一番の目的だった大英博物館は久々の人ごみに疲れたどり着けず。

翌日7日夕方5時の最終でウェールズへ帰る予定でしたが、地下鉄Victoria Lineが止まっていたり(し
ょっちゅう止まるらしい)、ユーストン駅のトラベルインフォメーションで教えてもらった乗り継ぎが間に合わずバーミンガムで1泊する破目に・・・。
事情を話したバーミンガムのインフォメーションでは朝食つきの安宿を見つけてくれ、しかもそこまでのタクシー代を持ってくれた!ラッキー!できるお姉さんで良かった。
駅で買っておいた枝豆サラダとヨーグルトで軽く夜食。
Edamameの文字にビックリ!あまり枝豆の味しなかったけどちょっと嬉しい。
sDSCN2055.jpg

翌朝は見事な快晴!が、秋葉原の銃撃事件をBBCで知りショックを受ける。
朝食をとってチェックアウトして駅まで行き、念のため電車の時間を確認。
9時半の電車が行ったばかりで2時間後の11時半があるはず。なのに我が町Aberystwyth行きは15時まで無いと言い張る改札の電車案内のお兄さん。
夫に電話して調べてもらったり、大きい方の窓口に行き確認するとやはり11時半にMachynlleth乗り換えの便があるとのこと。
2時間に1本しかないAber行きの電車なのに他の人にも間違った情報をあげたら可哀想と思い、さっきのお兄さんに教えに行きました。大きい窓口のお姉さんに聞いたらこういう電車があると言われたよと言うと、うっとおしそうにも調べなおし「あ・・・」と気づいた顔をするお兄さん。
すると、でも乗り換えなしの電車が良いと私が言ったからだと適当な嘘をつく。
はぁー?そんなこと一言も言ってない!とちょっとケンカ。
言い合っても仕方がないのでさっさと立ち去ることに。
余計なことしなきゃ良かったのかなと頭をかすめたけど、次の人がそういう目に合わなきゃそれで良しなのだ。

どうせなのでバーミンガムで少しぷらぷらするかと思ったら、あいにく日曜日で店がどこも11時12時まで開かない_| ̄|○ガックリ・・
sDSCN2062.jpg
sDSCN2066.jpg

少し建物探訪して噴水で涼み、11時に開店した無印をひとめぐりして11時半の電車に。
いつもののどかな風景にホッとしてる私に驚きつつ、やっぱりロンドンはどんより重苦しい雰囲気と人も殺伐としていて好きじゃないことを改めて確認。
買い物や建物とか美術館・博物館巡りは良いんですけどね。
この田舎町が楽園に思えてしまうのでした。
sDSCN2079.jpg

Appendix

プロフィール

kirara

Author:kirara
現在Papaioea在住。

カウンター

ブログ内検索

御用達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。