Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバプール対バーミンガムシティ

4/26(土) の予報がはずれてときどき
念願のプレミアリーグ観戦
リバプール対バーミンガムシティ
6_20080428214943.jpg

夫のボスが40分も電話をかけまくりようやくゲットしてくれたもの。
取れるならどこでも!と言ったわりに前から14列目とすごく良い席!ラッキーでした。
30_20080428214911.jpg

表情まで分かるほどフィールドからすぐで臨場感たっぷり。
26_20080428214855.jpg

あまりサッカーに詳しくない私でもリバプールの方はジェラルド、クラウチといったイングランド代表選手がいるのに対し、バーミンガムは知ってる人がいない・・・(苦笑)
ジェラルドが反対側でウォームアップするのが見えたけど結局プレーしなかったのは残念。
バーミンガムのサポーターに囲まれる中、こっそりリバプールを応援するボス夫妻。


✽ボリュームにご注意!

対する強豪チーム、リバプールに2-2と奮闘してバーミンガムシティのサポーターも満足気でした。
前々列に座っていた半酔っ払いの若者が「Who stole my stereo~~(おれのステレオ盗んだの誰だ~)」とオペラの曲に乗せてヤジってたのは、治安の良くないリバプールに対してヤジっていたらしい。
どっちもどっちじゃないの?という気がしますが・・・

実は、試合の前日にこんな記事を発見。。

『残留争い中に英サポーターが殺人』
【チェスター(英国)21日】英バーミンガムで20日に行われたアストンビラ―バーミンガムの
ダービーマッチで、サポーターによる殺人事件が起きた。降格圏の18位でプレミアリーグ残留争い中のバーミンガムが1―5の大敗を喫した試合後、スタジアムの外でアストンビラ・ファンの集団に乗用車が突っ込み、はねられた26歳の男性が死亡。バーミンガム・ファンの20歳の男性が殺人容疑の現行犯で逮捕された。試合中、アストンビラの応援団が「お前たちは降格だ」と合唱し、相手を挑発していた。
(2008年4月22日06時01分 スポーツ報知)

こわぁーっ・・・
ほんの1週間前ですよ。。
この恐ろしい事件があったアストンビラとバーミンガムシティは地元同士の対決で余計に敵対心が強かったらしい。
駅からの公道にも警察官がたくさん配備していました。
43_20080428224707.jpg

今回は平和な終わり方で良かった良かった。
✽バーミンガムの駅までの道
47_20080428224756.jpg

よくある歪んだ建物。。
45_20080428224726.jpg

ちなみに終着駅であるわが町の電車は今月初めからずっと運休中。。
普段でも2時間に1本しか運行していないけど、洪水やら工事やらでしょっちゅう運休するのです。
雨ばっかり降るところなのに数日雨が続くだけで洪水になるという。。
途中のShrewsburyまで代替のバスが出ているのですが、そこまでボス夫妻の車で行き、そこからまた電車に乗ってまっ黄色に染まった菜の花畑を抜けて1時間。ここでも軽く30分ぐらい電車が遅れました。
2_20080428225410.jpg
1_20080428224624.jpg

色んな意味で存分にイギリスを堪能した1日なのでした。
49_20080428214829.jpg

しっかし高いよ。。。(40ポンド=約8300円也)・・・これもイギリス(苦笑)
スポンサーサイト

先週のことなど

急に春到来。
おとといまで手袋してる人もいたのに昨日は半そでの人がたくさん。
今日はまた少し肌寒いけど日差しは強くて目が痛い。
うちの前のアウトドアやキッチン用品店でバーベキュー用の簡易コンロを買っていく人を窓から何人も目撃。すでに日焼けして真っ赤な顔してます。

先週の木曜日はSheepyさん宅のハウスウォーミングパーティにお呼ばれ。
ハウスウォーミングとは引越し祝いのこと。
私はポン・デ・ケージョと、キーマカレー(風)とキーマにディップするコーンチップを持参。
ポン・デ・ケージョ(Pão de Queijo)はブラジルのもちもちしたパン。
何年か前に流行りましたよね。
ポルトガル語で、ポン(パン)・デ(の)・ケージョ(チーズ)=チーズパン。
2_20080425202016.jpg

持って行ったのはチーズだけのと生バジルを混ぜたものを2種類。
写真はその前に作ったごま入り。
お米も日本のもちもち系よりパラパラ米を好むイギリス人にこのパンはウケないだろうなと思いつつも完売。よかったよかった。
特にばこさんとこのおちびちゃんがたくさん食べてくれて嬉しかった。
ちっちゃな手にちょうどすっぽり入って、薄目の味も子供にちょうど良いのかも。
そういえばうちの甥っ子も小さい頃にパン屋さんへ行くといつもこれを欲しがってたような気がする。
久々に会った人もいておしゃべりに夢中になり写真撮るのをすっかり忘れまひた。
貴重な日本酒まで頂いて良い気分でした。

翌日はばこさんのお誘いで車で2-30分離れたAberaeronのお魚屋さんへ。
その日にあがった新鮮なお魚を売っているという話。
でも5月半ばまでクローズとのこと。残念。
うちで前日のキーマカレーをスパゲティにかけてばこさんとランチ。
残り物を食べさせられたかわいそうなばこさん、ごめんね(´∀`;)

日曜日は先日来たばかりの韓国人Sちゃんがランチに韓国料理を作ってくれました。
この週末も普段どおり夫は大学へ行っていることを想定してお誘いしてくれたのです。
夫が辛いものがダメなのでめったに食べられない久々のピリカラ。美味しかったぁ。
4_20080425202023.jpg

残ったのもお土産にもしてくれ2日分の私のランチになってしまった。
その後も寮のお部屋でさんざんおしゃべり。
ここでの生活で戸惑ったり驚いたり感じることはやはり同じなのよね。
来週の週末はついにキムチ共同制作です!

くじらだって あめんぼだって

これはちょっと重い内容なので書くかどうか迷ったんですが、
これもここで暮らして感じたことのひとつとして。
長いのでくじらに興味ない方はスルーしてください。

イースターのある日。
久々に友達のカフェへ立ち寄るといつもの顔ぶれ(ここはいつでも常連さんばかり)。
ハッピーイースター!と挨拶すると、私のすぐ後から他の常連さんが
わんやわんやと入ってきて、ちっちゃなカフェが満員御礼。

常連さんの一人Aさんから意気揚々と『ちょうどよかった!○○もコレにかけてみて』と
小さなプリントを渡されました。
はぁー・・・嫌な予感的中。。
捕鯨反対デモを呼びかけるものでした。
8_20080408222312.jpg

日本の大使館に一斉に捕鯨反対の電話をかけてパンクさせるというもの。
もちろんそれは協力できないと断りました。私は捕鯨反対運動には賛成しないので、と。

続きはこちら↓

追記を表示

アジアな2日間

夕べは雹が降る音で寝付けませんでした。
今日は雪という予想もはずれ朝から晴天(たいていはずれるけど)。
でも今日の最低気温は0度。
日当たりの良いところは焼けるほど強い日差しでも確かに風は冷たい。
明日の最低はマイナス4度と出ています。ほんとか?

おとといは香港人の友達とうちでおうどんとかき揚げの和風ランチ。
この町にある中華のテイクアウェイのお店は彼女のいとこが経営。
別の中華レストランはおじさんが経営。
兄弟や親戚が多くあちこち繋がっています。
たしかイギリスに来て20年ぐらい経っているのに、ここの超まったり時間に染まらないところが香港人の血なんでしょうね。
FacebookというmixiみたいなSNSで、友達同士ネット上で架空のプレゼントをあげたりもらったりできるんですが、みんなやりとりするのはお花やお菓子など。
彼女は家族や香港の友達からもらっているのがなんと札束やお金のなる木(それもコインでなくお札!)!
money.jpg

バーチャルな世界でもお金なのね・・・(苦笑)
とても面倒見がよく教えてもらうことの多い彼女なのです。

昨日は夫の学科に新しく入った韓国人の院生を招いてお夕飯。
この町ではパラパラ米のBasmati Riceか、American Long Grainしか手に入らずご飯に飢えているとのことで急遽決まったのでした。
見ていて気持ち良いほど何でももりもり食べてくれて嬉しかった。
韓国人も中国人もたくさん食べるけど日本人は食が細いよねと言っていたそうな。私もけっこう食べるけど、たしかに彼らはよく食べます。
彼女は元プロテニスプレーヤーで世界中をツアーで渡り歩きWikipediaにも載っているような人。
試合では何度も来日していたようですが、観光はしたことがなかったのでここへ来る前に福岡や東京へ遊びに行ってきたという日本好き。
すごく気さくで飾り気のない美人さんで、初めて会ったとは思えないぐらい打ち解けやすい人でした。
一緒にキムチを作ろうというプロジェクトを立ち上げ、辛いもの匂いの強いものがダメな夫は脇で苦笑い。
でも韓国では10月頃漬け込むらしいのでもう無理なのでは・・・。

✽追記
雪降ってきました~!青空のお日様が出てる中!
予報がめずらしく当たった!
まぁお天気の下で降っているのですぐに消えると思いますが。
02.jpg

01_20080406231506.jpg

✽今回も食べるのに夢中で写真がなくてすみません(´∀`;)
というわけで、降ってきた雪を窓からぱちり。

夏の支度

日曜日から夏時間が始まりました。
日本時間からマイナス8時間。まだ体が慣れません。
月曜日は朝からお天気も良く、半そでの人がちらほら。といっても最高12度ぐらいですけどね。
届け物があって大学まで丘を上ると、国立図書館の花壇にはお花がたくさん植えられて良い匂い。
DSCN1364.jpg

冬物ウールをもこもこ着込んだ羊たちには日差しが強いらしく木陰で丸くなっていました。
s1.jpg


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:

この町にはじめて来たときに入居した大学所有の寮は、
大学が建物を売り飛ばすため入居して10ヶ月で追い出されました。
s2.jpg

それから1年と7ヶ月にしてようやく新しいオーナーの分譲住宅がオープンするらしい。
✽サイトから内装が見られます↓
http://www.marineterrace.co.uk/index.php
海沿いのモダンなテラスに早変わりしていました。
ベッドルームとリビングが海沿いの通りに面していたので、
夜中にパブから出てきた酔っ払いが大騒ぎするわケンカするわ、
冬は海が荒れていれば波の音で耳栓なしには眠れませんでした。
新しい物件は、通り側にキッチンとリビングルームがあり、
キッチンがあった奥の部屋がベッドルームへと実用的な間取りに変身。
今はモデルルーム風にしてあり素敵に模様替えされています。
同じところに住んでいたとは考えられない!

一等地とも言える海沿いのテラスはみんなが憧れ、羨ましがられていました。
この物件が売りに出されたときも、購入したいけど高すぎて手が出なかったという人に何人も会い。
この町は田舎のくせに土地が異常に高いのです。
大学やサイエンスパーク(といっても大学のおまけぐらいで、けっして筑波学園都市のようなすごいものではない)、この地方で1番大きな病院があるという条件にしても高すぎるとロンドンから来た人たちでさえ言う。
軽く億単位のおうちがけっこうあり、今売りに出ている別の海沿いの物件で1ベッドルーム4000万円以上のところも。
今回のマリンテラスも値段はメールで問い合わせしないと見れないけれどそれ以上はするでしょうね。

大学ががっついていたからか、私たちが追い出されて1年以上も買い手がつかず、ほんの最近まで廃墟と化していました。
こんなことならそれまで住めたじゃないのー!と、海沿いを散歩するたびに歯軋りして眺めていたわけです。退去日から1日の延長も許してくれなかったくせに。
大学だって安い家賃でも収入になったろうにね。経営が心配になります。余計なお世話だけど。
少なくとも私たちは4回も引越しをしなくてすんだのでは??

こちらでは家を建て直すことはまずないけれど、改修工事ですっかりきれいに生まれ変わって別ものみたい。
それでも暖炉の天板や作り付けの収納はそのままでちょっと懐かしい。
色んな人がまたあの窓からこんな海やあんな夕日をぼーっと眺めるんだな。
s44.jpg

s33.jpg

✽住んでいた頃に部屋から撮った写真です

Appendix

プロフィール

kirara

Author:kirara
現在Papaioea在住。

カウンター

ブログ内検索

御用達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。