Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒糖くるみケーキとイギリスの検眼事情


昨日お友達の日記で黒糖バナナケーキなんて魅力的な響きを聞いてしまい、たまらず焼いてみました。
バナナがうちになかったので、黒糖くるみケーキ。
DSCN9478.jpg
うーん、初めて食べるのに懐かしい味。
しっとりふんわり美味しく焼きあがりました。
黒糖の香りと優しい甘さがくせになりそう( ´艸`)ムププ .。.:

*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.

土曜日は目の検査に行ってきました。
こちらに来て初。なので2年近くぶりです。
イギリスでは医療費タダなくせに目と歯は適用外。
検査するだけで18ポンド(=約4,300円)もかかります。たかっ!
この費用も眼鏡屋によってさまざまで、高いところだと6800円ぐらいするらしい。
でもこちらに来て明らかに見えづらくなっているし、眼が疲れる。
コンタクトも買うタイミングなので仕方なく検査に。

目の検査は眼鏡屋さんに常駐している眼科医に診てもらいます。
個室に移され軽く往診して検査。
片目かくしてボードを読んだり、赤と緑どっちが見えやすい?とか、細かい字で書かれている文章を渡され読んだり日本と同じようなことをしました。
違うところは部屋を暗くするのと、【C】の字だけでなくアルファベットも並んでたのと、よくある検眼用の顎を乗せる器械じゃなく、ちっちゃなルーペみたいなので瞳を覗き込まれた。
ちゅーされるんじゃないかってぐらい超どアップでぎょっ。

眼鏡店なだけに眼鏡の営業されるんだろうなと多少は覚悟してたけど、お医者さんに職場や収入源まで聞かれるとは思いませんでしたよ。
売り場に戻ると営業の人に引き渡され、学生の嫁だということで営業もソフトな感じで逃れられたけどね(´▽`*)アハハ

で、検眼の結果。
予想どおり度数がこんなに変わってました。。il||li _| ̄|○ il||li
右-2.75 → -4.50
左-3.00 → -5.00
スポンサーサイト

ガリガリ

羊たちは床屋さんされてさっぱり。
・・・というかガリガリ(´∀`;)
4dscn9439.jpg
毛がまだ伸びていないちびっこは刈られていないのでぷわぷわしています。
1dscn9436.jpg
まだ産まれたばかりの子や、おっきなお腹してる子もいるからまだ生まれるのかな。
5dscn9440.jpg
みんな身軽になったのか、もこもこのときよりも動きが早くなったような気も。
何キロぐらいのウールをまとっていたんだろう?

冬にはウールにもお世話になるのに悪いけど、
やっぱり羊はもこもこコロコロの方が可愛いな(´∀`;)

3dscn9438.jpg

ふっと力が抜けるとき

先日友達と駅前で待ち合わせしていると、たまたま前を馬車が通過。
誰かの結婚式だったのかな?たまぁーに見かけます。
13dscn9399.jpg
急いでカメラを取り出したのでちょっとボヤけてるけど、
図らずも歩道に飾られた花が馬車と重なって
花の上に座ってるみたい(´▽`*)アハハ
15dscn9400.jpg
ちなみにお隣に住み着いていた海鳥の子供、
地面で一生懸命飛ぶ練習をしてはいたんですが
どうやら無事に飛べるようになったらしく、
屋根の上の巣に戻り、たまに姿を現しては元気にピーピー鳴いています。
20070726143333.jpg
ふわふわ感がなくなり大人になりかけ。
成長した姿が見れてちょっと嬉しい♪
seagull.jpg

ショッピングバッグ

同居人のガールフレンドが持っていたショッピングバッグに一目ぼれ。

どうしたの?と聞くと彼女のママがテスコ(スーパー)で買ったのをもらっちゃった♪とのこと。
この町にはテスコがないので、買ってきて!と頼むと、ママがたくさん持ってるから
今度実家に帰ったときに1つもらって(パクって?)くると言っていました(´∀`;)
DSCN9416s.jpg
というわけで、やってきたてんとう虫の麻バッグ♪
TESCOマークがなんですが、やっぱり可愛い( ´艸`)ムププ

中は濡れても大丈夫なようにビニールでコーティングされています。
ハンドルも程良い長さと太さで重いものも肩から下げられて使い勝手が良さそう。
お買い物が楽しみだ♪
DSCN9424s.jpg
でもこのてんとう虫、アップで見ると足がやけにリアルだわ・・・(´∀`;)

夏の思い出 前半戦

7月のサマーコース3週間も先週金曜日で終わり、8月のコーススタートまで2週間、
また静かな生活が戻りました。

修了日より1日早く帰国しなければならなかったイタリアから来た
ダニエレ君の仕切りで木曜日にみんなでパーティ。
彼らが滞在している大学の寮のダイニングで、他のクラスの人たちや、
若い先生たちも集まり楽しく賑やかな宴でした。
イタリア人は数種類のパスタ、スペイン人はパエリアとサングリアを作ってくれました。
さすが本場の味!どれも美味しかった!
私は家でお寿司(もどき笑)を作って持って行ったら、みんなかなり興奮!
あっという間になくなりました。
写真撮ろうと思ったのにその余裕もなく。。。嬉しいけど(´∀`;)
party.jpg
翌日も朝から授業があり、その後修了式。
これで帰国する人たちとも別れを惜しみ、連絡取り合おうと固く約束してばいばい。
またいつかどこかで逢える事を祈りつつ。。
半数ぐらいは観光地でもあるこの町で夏の数ヶ月を過ごし、8月のコースも取るので
まだ全員がお別れではありませんが、私たちのクラスはみんなとっても仲良しだったので
別れが寂しい。

その夜にもまたパーティ。
スタートは夜11時。オイオイ・・ (;´д`)ノ
さすがヨーロピアンです・・・。
未だ病み上がりだし前夜も帰ったのが12時近くだったので私はパス。

明日はまた1人ペルーへ帰るので今日みんなでランチしてきました。
町に残った仲良しの1人、イタリア人のエリカちゃんには簡単お寿司の作り方を教える約束も。もちろんイタリアンも教えてもらう気まんまんですムフッ((´∀`*))

かかりつけ医

みなさんお返事遅くなって(*_ _)人ゴメンナサイ
(毎度のことながらですが・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ!!)

この数日風邪(たぶん)でダウンしてました。

先週ちょっとハードな1週間だったうえに、久々にイギリスのダメっぷり全開の
電力会社と前の前の不動産屋とひと悶着あったりしていたので知恵熱か
毒に中ったか・・・(´∀`;) 
少し風邪っぽいのに同居人と友達と3人で雨の中テニスしちゃったので一気に加速。
自業自得ですねヾ(;´▽`A``

美しい国フィンランドから1週間ぶりに(しぶしぶ)帰ってきた夫に
風邪菌引き継ぐのも可哀想なので、昨日よたよたしながら
かかりつけ医院に行ってきました。

受付で、診てもらいたいんですけどと言うと、じゃあ明日は?といわれる。

やはり・・・。

追記を表示

Gregynog

また明日・・・なんてもったいつけておいて、
できないこと言いました!ゴメンナサイヾ(;´▽`A``

夫はまた今朝早くからフィンランドの学会へ出発。
続く出張&こちらの重たいアイロンがけで腕が筋肉痛です。。
今週いっぱいまた1人ぼっち。えーん。

先週行ったのは夫のボス主催の学会で、学会会場兼宿泊施設
“Gregynog(グレグーノグ)”
http://www.wales.ac.uk/newpages/external/e3650.asp
dscn9135.jpg
現在ウェールズ大学が所有していて、学会や会議、
研修などに利用されています。

↓入り口から見たところ。
敷地自体はもっとずーーーっと手前からです。
dscn9139.jpg
この櫛のように刈り込まれた生垣はなんの意味があるんだろう?
↓は裏手

dscn9164.jpg
外壁の白地に黒い枠の柄は、
1800年代にヨーロッパで流行したもので、
コンクリートに枠取りをし、
木のように浮き彫りに見立てる手法。

現在の建物自体は築150年ですが、敷地内の一部分は
12世紀からの歴史あるものだそうです。
59dscn9084.jpg
建物内は、古美術品や1600年代に彫られた内装が
またため息が出るほど綺麗。
↓通用口というのかな?
61dscn9086.jpg
入り口を入ったロビーのようなところ。
123dscn9197.jpg
古美術品の数々がさらりと飾られています。
奥の通路には図書館のように本がたくさん並んでいました。
ここで裏方に徹していたボス(旦那さんの方。夫婦でボスなんです笑)
とおしゃべりしたり、うとうと(ㅎωㅎ*)しながら(笑)
学会が終わるのを待っていました。

応接間。ここにも古美術品の数々。 
66dscn9096.jpg
↓✽Blayney Room 1636年に彫られた装飾壁です。
dscn9199.jpg 125dscn9201.jpg
建物自体は19世紀に建て直されたものですが、
この部屋だけはそのまま残されました。
ただただため息が出るほど見事な彫刻です。
この部屋でイギリス人には欠かせない(笑)
11時と3時のティーブレイクを。

広大な敷地に、手入れが行き届いた庭も美しく、年輪を重ねた立派な木や
たくさんの花々が咲いていてまるで公園のようです。

ホテルだけでなく離れにコテージもあり、
大学関係者は格安で宿泊でき、一般の人も宿泊できます。
私たちが泊まった部屋は裏手で、
窓から外を見るとここにも羊が!
dscn9083.jpg
さすがウェールズ!笑

夜は晩餐会。
スターターにチキンのタイ風サラダ、メインは牛か鯛かだったので、
私は鯛のクリームソースがけをいただきました。美味しかった!
食後はデザートやワインを片手にケルト音楽の生演奏。
ハープ、ギター、バイオリンの音色が心地よくうっとり。


ハープを演奏していた女の子が
ものすごく幸せそうに弾いている姿が微笑ましかった。
後ろのパイプオルガンがとても良い音色だそうで、
聴けなかったのだけが残念でした。
83dscn9123.jpg
みんなダンスで12時過ぎまで盛り上がり、ちょっと優雅なひとときでした。

Gregynogのお庭や歴史はまた追って。。。

Powys Castle

7/4・5と1泊で夫の学会先へ。
ウェールズとイングランドの境目に位置するNew Townという町にある
大学所有の学会施設へ滞在しました。
4日の午後からウェールズでも綺麗に残されていることで有名な
ポウィス城(ウェールズ語:Powys Castle、英語:Powis Castle)
への観光があったので私も便乗することに。
dscn9066.jpg
馬で入れるようにゲートが高くなっています。
✽Powis Castleの歴史✽http://www.ukheritage.net/castles/powis_castle.htm
dscn9080.jpg
このお城は、ジブリ作品の「天空の城ラピュタ」を製作前に
宮崎駿監督が視察されたところでもあるんです。
他にもロンダ渓谷など2週間ぐらいウェールズを見て廻ったようですね。

実際に見てたしかに天空に浮かぶお城みたいで
ラピュタのイメージが浮かびます。
dscn9054.jpg dscn9043.jpg
お城というよりもすごく大きなお屋敷という感じもあり。
実はこのお城・・・

追記を表示

こわーっ

イギリスはまたもテロ。スコットランドのグラスゴー空港に
炎上したJeepが突っ込んだ映像は衝撃でした。
その後もグラスゴー郊外や、先日行ったリバプール空港や
チェシアーでも不審車が見つかり、グラスゴー、ロンドンでの
車の爆破未遂で8人の容疑者が逮捕されましたが、
全員がNHS(National Health Service)イギリスの医療保障制度
と繋がりがあったことが分かりました。
なんとそのうち4人が医者です!
以前にも書いたけど、イギリスの医師はかなりの割合が外国人。
中東・インドからもかなりの人数が来ています。
助けてくれるはずのお医者さんの中にテロリストが潜り込んでいるかと思うと怖いよー。
ま、この町はアタックされる心配はまずないですがね。

月曜日から大学のサマーコースをとることにしたんですが、
オリエンテーションでここはテロの心配はまったくない
安全なところだから安心してって説明もありました。

7月と8月に3週間ずつ毎日3時間ぐらい英語のお勉強。
毎朝20分ぐらいけっこうな坂道を登るわけで、この怠けた体が
いうことを聞いてくれるか心配ではありますが。。。
まだ2日だから朝から気持ち良い運動程度で済んでますけどねヾ(;´▽`A``

ちょうど日曜日から夫は5日間また学会で留守、
来週もまるまる1週間フィンランドの学会で留守になるので
ちょうど良いかなと。
先日セールで買った新品のスニーカーを履いてぴかぴかの1年生気分♪
友達何人できるかな?ニパ(・∀・)♬♬

明日とあさっては学校をお休みして(いきなりかよっ)
夫の学会先(ここから2時間ぐらいの所)に1泊でプチ遠出してきます。

Appendix

プロフィール

kirara

Author:kirara
現在Papaioea在住。

カウンター

ブログ内検索

御用達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。