Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の留守を狙って・・( *´艸`)ムププ

リバプールに行く前の3日間、夫が学会で留守の間を狙っての計画がありました。

✽その壱 キムチ解禁!
DSCN8187~1.jpg
以前父のお客さんで偶然にもウェールズの都会に住んでいる方から送っていただいたキムチ!
DSCN8191~1.jpg
辛いものとにんにくが苦手な夫の留守中にキムチ三昧♪
白いご飯にそのまんまと、2晩続けて豚キムチにしていただきました。美味しかった~! DSCN8231~1.jpg

✽その弐 1年半ぶりに髪を切る!(これは別に留守じゃなくてもいいんだけど)
おととしの暮れ、日本に帰ったときに美容師の友達に切ってもらって以来。
毛先は自分で少し切ったものの胸の下まで伸びたのでいい加減切りたくなり。
小さな町の割りに美容院とパブはかなりの数があり、その中でもボスや他の院生が街で一番おすすめという美容室へ。
スタイリストさんもボスの担当の人を指名。
ここはAVEDAの製品を使っていて香りもとってもよく、久々に誰かにしてもらうシャンプーは気持ちよかったぁー♪

最初に今日はどうする?ってときに、このぐらいの長さにカットしてレイヤー入れて、ボリュームダウンしてと話した後、最後の仕上げにコテみたいな のでストレートに伸ばすというから、
自分のくせが嫌いではないのでそれはいらないと言ったら『え?いらないの?ほんとに?』とびっくりされてしまった。
日本で言うところのブローみたいな感覚で、ちょっとしたサービスのつもりもあるようで断る人はいないらしい。
ある程度カットし終わったときに、じゃ別のアシスタントにストレートナーかけてもらうからね!と言い放たれ、いらないっていったのにぃーと思いつつ面倒なのでされるがまま。

ふにゃふにゃ猫っ毛の欧米の人たちはボリュームを出すことに命を賭ける(笑)ので、
ボリュームを抑えてねとしつこく言わないと分かってもらえない。
以前友達にもあなたの髪の毛は太くていいわね~!と褒めてるのかナンなのか分からないことを言われ苦笑いだったことがある。

この美容師さんにも私の髪の毛太いんでしょ?と聞いてみると
『うん!すっごく!』と力強く答えられた(´∀`;)
ごく一般的なアジア人の髪質だと思うんですけどねー。
髪質違うから切るの難しいか尋ねたら、難しくはないけど(プライド?)
他の人たちよりはちょっと時間がかかるぐらいかななどと言われてしまった。

カットはやっぱり慣れない髪質のせいでか単にへたっぴなのか、後でよく見るとざんばらになっていまひた。

かなーり軽くなったからまぁいっか!
楽ちん&さっぱり♪

カット前・カット後は続きで!

でもこんなんなら次回は自分で切れるかな(´▽`*)アハハ
ちなみに夫の髪は出かける前に私が切りました。


追記を表示

スポンサーサイト

リバプール de プチオフ会♪

5/24・25とリバプールへ行ってきました。
夫の用事で学科のスタッフと3人で3時間超のドライブ。
彼ら2人はLiverpool John Moores Universityへ。
私は1人で市内散策。

今年はリバプール市制800周年という記念の年。
2008年の欧州文化首都にも選ばれたそうです。

まずは駅近くのSt. Georges Hallという裁判所や牢屋へ。
DSCN8268.jpg
これはアイルランドのブラーニー城でも感じたことだけど、牢屋はおしっこ臭い。。
何100年経っても残るんですね。
DSCN8272.jpgWalker美術館

午後はリバプール在住17年目!という『旬のイギリス』の、りささんと初めてのプチオフ会も♪
ブログでのイメージどおり、さっぱりとしたでも気持ちの優しい素敵な方でした。
お仕事帰りなのに生のリバプールをあちこち案内していただきました。

メトロポリタン大聖堂のカフェで待ち合わせしてとりあえずケーキとお茶。
DSCN8284.jpg
 
DSCN8279.jpgメトロポリタン大聖堂 外観 
DSCN8282.jpgDSCN8280.jpg入り口
DSC01674.jpg聖堂内
私の写真がピンボケばかりでりささんより拝借(^▽^;)アハッ
メトロポリタン大聖堂はカソリックで、外観も内装もすごく近代的。
DSCN8287.jpg天井のステンドグラスが綺麗でした。
対照的に、プロテスタントのリバプール大聖堂は、古くて重厚な作りにしてあるんだとか。
DSCN8292.jpg
これはメトロポリタン大聖堂から見るリバプール大聖堂。
リバプールにはカソリックとプロテスタントの2つの大聖堂があり、イギリスでもまれだそうです。
アイルランド移民が多いということからカソリックの大聖堂ができたらしい。

その後は、リバプールと言えばやっぱりビートルズ!
DSCN8307.jpg
 写真がたくさんなので続きはこちらへ!↓john.jpg

追記を表示

世界で一番長い駅名(&地名)in Wales

日本にいる友達がラジオで聞いたという、ウェールズのおもしろネタをもらいました♪

ウェールズ北部のアングルージー島にある世界で一番長い駅名;
『Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch』

ウェールズ語です。

意味は、
「赤い洞窟の聖ティシリオ教会のそばの激しい渦巻きの近くの白いハシバミの森の泉のほとりにある聖マリア教会」だそうです。

ウィキペディアより
moblog_a1d48e77de44f.jpg
なんでそんな長い地名つけたんでしょうねぇ??
日本語だってぜったい覚えられませーん(´ ▽`).。o♪♪

ちなみにちょっと町から離れた夫のボス宅なんて、なになに郡なになに町だれだれさんち ボス名宛で郵便物は届くらしい。番地なし。
日本でも田舎はそうだったみたいよね。今でもそうなの??

Llanfairの読み方をランヴァイルって書いてあるけど、
正確にはLが2つ続くと『くっ』と『かっ』の混ざったような、
ドイツ語によくあるあんな感じの発音で、クランみたいな感じに聞こえます。英語よりドイツ語の方が似てる気がする。
llanfair.jpg

これ→の赤字で書いてあるClick hereをクリックすると発音が聞けます♪
外国語というより音みたいね。
Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch.jpg
ウェールズ語はよく「英語の訛りみたいなの?」と聞かれるけど、
まったく違った言語だってことがよくお分かりいただけたでしょ?

同じウェールズでも、イングランドに割と近いカーディフやスウォンジーといった南部は、ほとんど訛りもない英語だそうですが、私の住むアベリストウィスは英語っぽくない地名からも分かるように
ウェールズ語やウェールズの文化を守ろうというのがとても強く、
ウェールズ語しか話せない人もけっこういます。
ほとんどの人は職場や学校では英語で、家庭ではウェールズ語のバイリンガル。
看板やほとんどの書類は2ヶ国語表示。

で、ウェールズ訛りの英語は東北弁みたいに聞こえるんです( ´艸`)ムププ おもしろいでしょ?

悪妻とFAカップ

今日から3日間1人暮らしです。誰か遊びに来てください。
夫は出張みたいなもんでチチェスターというイングランドの南の町へ行きました。
水曜日は夜遅くに帰ってきて、翌早朝から今度はリバプールに1泊出張。
リバプールには私もおまけで一緒について行く予定。
私は1人で久々におのぼりさんしてきます♪

先週の土曜日は急遽友達のカフェでバイト。
1:00pmから1時間だけ~っていう予定が結局帰ってこず戻って来たのが2:00すぎ。やられた。
ついでにちょっと買い物に行きたいから少しだけ見ててくれる?といわれいまさらなので結局2:45までお仕事。
その後、友達カップルと近所のパブでサッカー観戦。
仕事の後の(って3時間弱しか働いてないけど)、ぎんぎんに冷えたギネスがめちゃくちゃ美味しかったぁー!

この日はFAカップのファイナルでマンチェスターユナイテッド対チェルシーの試合でパブは満席。
3年遅れ(これまたさすがイギリス)で新しく出来たというウェンブリーの競技場も満員。

ビッグゲームだということで面白くなるのを期待していたけどなかなか点が入らず。結局延長戦でチェルシーが1点入れて終了。

夫は学校でお勉強だというのに、昼間ッからギネスにウォッカのソーダ割りでほろ酔いになる悪妻なのでした。

映画『Curse of the Golden Flower』と ゆかりパスタ


皆さん、お返事遅れてごめんなさい!(*_ _)人
ちょっとタイミングがうまく合わず・・・
来週は夫が遠出でほとんどいないので1人じっくり時間が取れそうです♪
といっても引越しのパッキングもしなきゃだ(^▽^;)アハッ

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:

火曜日はいつもの学科の人たち11人で、チョー・ユンファとコン・リー主演の
中国映画『Curse of the Golden Flower』を観に行った。
Curse-of-the-Golden-Flower.jpg
唐王朝時代の皇帝と皇后と王子たちのお話で、制作費53億円という
中国映画史上最高額でイギリスでも話題になっている映画。
予告編がすっごく面白そうでぜったい観たい!と
みんな期待していただけに、ん・・・と言う感じ。

たぶん文化的に表現の違いと言うか、途中真剣なシーンのはずが、
あちこちでくすくす笑い声が出ちゃったり。
なぜか忍者が出てきたり(-_-;)
お得意の大人数でのエキストラや、金ぴかの衣装や装飾はさすがで
とってもチャイナという印象。宮廷の内装は本当にきれいだった。
かなりセクシーコードを下げて中国もかなりこの作品に力を入れている感は伝わってきたんだけど、チョー・ユンファの演技がもっと見たかったなぁ。

映画が大学のアートセンターだったため、夫ちゃんはそのまま残業。
夕飯用にチャーハン持たせてあったので、私は手抜きゆかりパスタ。
夫が以前発明して今や病みつきです。
茹でたパスタに醤油マヨで和え、ゆかり(紫蘇のふりかけみたいなやつね)と鰹節を混ぜて出来上がり。
DSCN8160.jpg
もっとヘルシーにオリーブオイルでも良いと思いますが、マヨネーズが香りも良くあんがいさっぱりなんです。

具はお好きなものを。
あれば梅肉をちぎって入れても。
今回のはいただきものの梅肉入りのゆかりでした。
金胡麻入りとか色々あるんですよね~♪
友達で海外在住経験がある人はやっぱり試したことがあるようです。
コンパクトで軽いし頼むにもあまり気兼ねなくお願いできるし。
 
手抜きしたいとき、あまり食欲ないとき、軽い二日酔いにもいけますよ♪
彩りにバジルをのっけてみましたけど普段はナシ!でもかなりおすすめ( *´艸`)ムププ
20070520134613.jpg
✽追記✽
ゆかりのサイトをみつけました♪
『こうして生まれました』
『ゆかりを使ったレシピ集』
こんなに色々使い道があったんですね~!
衣に混ぜたり、納豆に混ぜても美味しそう!

キャラメルアップルとオートミールのクッキー

先日作ったアップルパイであまったりんごを
お砂糖とほんのりシナモンで煮ておきました。
DSCN8136.jpg
りんごジャムはホットケーキやトーストにのせても美味しいんだけど
オートミールを入れて朝食にもなるクッキーに。
DSCN8154.jpg
シナモンとナツメグもちょっとだけ足して、
色白ふんわり優しい味のクッキーになりました。

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:

先日の歓迎会でのこと。
隣のテーブルも予約席で「Happy Birthday ~~~」の風船が浮かんでいたので
お誕生会なんだなと思っていたら、来たのはどうみても小6~中1ぐらいの子供たち!
このレストランは普段大人しかいない静かなレストランなのに、
がやがやぞろぞろ15-6人やってきました。
どんなに安く見積もってもカレーとナンとジュースでも頼んだら2500円以上はしちゃうよ。
しかも私たちが7時集合なのに彼らは8時半過ぎ。

顔なじみのウェイターの人に何歳ぐらい?と聞くと12-3歳だとのこと。
アルコールくれっていうからダメだって言ったんだよ、と。。
こちら側の席の男の子と女の子はテーブルの下で手つないでます。
向かい側の主役の姫も隣に座っている男の子と寄り添っていちゃいちゃしてます。たまげました。
なるほどイギリスの10代の妊娠が多くて問題になっているってわけねと妙に納得。



帰り際、出口付近の小さな席で、いちおう付き添って来た母親らしき2人が細々と食事しているのを見かけ、何だかさらに消化不良を助けるような一幕なのでした。

どちらも新任

昨夜は夫の学科に新しく就任した先生の歓迎会でいつものインドレストランへ。
私はいつものガーリック・ナンとチキン・サグワラ。
ほうれん草入りのカレーで美味しいんだけど、久々の大量にんにく&スパイスの刺激に今日はやっぱりお腹が大変なことになっています。。

向かいの席に座っていた学科のスタッフと旦那さん。
このご夫婦も羊の放牧場に囲まれたところに住んでいます。
夜、町のうるささと違って羊の鳴き声はうるさくないのか尋ねると、
普段は静かなもんなんだとか。
ただ親子が引き離されるときはべぇぇぇぇ~べぇぇぇ~とずっと鳴いているんだそうです。。。
切ない話。
脳みそちっちゃいとか草食べながらうんちの上も平気で座っちゃうとか言われるけれども、
ちゃんと情があるわけです。

インドレストランを出ると、パブでみんなで歓迎の1ショット。
名前忘れちゃったけど、どぎつい緑色のミントリキュールの上にカルアミルクを注いだもの。
私はあの色に恐れをなしてテキーラって言ったのにこっちにしなと飲まされました。
カレーの衝撃はミントで多少緩和かも。

その後遅くまでやっているカフェへ移動してまた1杯。
アメリカのフィラデルフィアの大学院を卒業してイギリスに戻ってきた
新しい先生もほろ酔いで少し緊張もほどけた様子。
その後も若い人たちはパブへ行きました。
アメリカ帰りの彼女をイギリスの朝まで飲んだ暮れコースで洗礼?

話は変わってついさっき、小雨ぱらつく中をまたパレードの音が聞こえてきました。
家の前に出てみると、海の方から海兵隊やガウンを羽織った人たちのパレード。

DSCN8110a.jpgDSCN8113a.jpgDSCN8114a.jpg

先頭には立派な角とひげのヤギを連れた制服姿の人が!かっこいい!
追っかけのように違うルートから音のするほうへ行ってみると、
役所の前で止まって多分ウェールズ国歌とイギリス国歌を演奏したり
式典のようなものが始まりました。

DSCN8120a.jpg

おまわりさんに何の儀式なのか聞くと新しい市長の交代式なのでした。
DSCN8119a.jpg
途中からだけどココ↓から少しだけ演奏が聴けます♪




真ん中にいる女性が新しい市長さんです。
DSCN8130a.jpg
みんな小雨の中それぞれ歩いて帰るところ、
あの立派なヤギさんは素敵な特別車でお帰りになりました。

DSCN8132a.jpg




アップルクランブルパイ

DSCN8102.jpg

りんごの下にカスタードを敷きました。
さっぱり目で美味しかった!
DSCN8068.jpg
上にかぶせるパイ生地分をクラムに変更して、
その生地でちっちゃいのも2つ。
DSCN8088.jpgDSCN8093.jpg
おべんとサイズにちょうど良いかも。


お天気が続いて~なんて浮かれていたらとうとう日曜からイギリスのどんより空に逆戻りです。
この2-3日急に冷えこんだせいか花粉症なのか急に今朝から鼻がむずむず。
くしゃみ鼻水止まりません。
雨が降って湿度が上がったわけだし朝は喉も痛かったからやっぱり風邪?

このところ振り回されていた部屋探しもようやく終結。
最後の2物件でかなり悩みましたが、ほんの1ブロック先のメゾネットタイプのフラットに決まりました!
6月初めには引越します。

風邪もお得意の気づかないフリ作戦でなんとか乗り切らねば。

異常好?気象

異様なほどずっと続く快晴。
この1-2ヶ月の間に雨が降ったのは2日間だけ。あとはずっと晴れ。
サングラスなしで外に出ると目が痛いです。
ここがイギリスとは思えない異常気象。
嬉しいんだけどね。ちょっと不気味です。

DSCN8017a.jpg


町は毎日平日だと言うのに真夏の格好の観光客で賑わっています。
茹でだこみたいに真っ赤に焼けた上半身裸のおじちゃんがうようよ歩いています。
歯磨き粉を買いに入ったBoots(薬局)では
日焼けオイルを手にした水着のお姉ちゃんたちがうようよいました。
海からドラムの音が聞こえるので部屋を出てみると
フェア・トレードのパレードでした。
DSCN8021.jpg

しかしパレードがスタート17時ってどうなの?
まぁまだぜんぜん明るいんですけどね。
DSCN8024.jpg

獅子舞みたいなのもいました。
DSCN8023.jpg

赤い龍はウェールズのトレードマークだけど、ちょっと中国っぽいよね。

DSCN8027.jpg

いつもちっちゃいちっちゃいとは言ってますけど、
いちおう中央ウェールズで1番おおきな町なんですね、ここ。
(ま、中央ウェールズがどれだけのもんかってのは触れないことにして・・)
海ではみんな銚子の干物のように寝そべって本読んだり昼寝しながら日焼け大会。
紫外線とかシミとか皮膚がんとか気にしないのね・・・。

DSCN8015a.jpg


昼ごろ洗濯物を中庭で干していると、どこからか
『えくすきゅーずみぃーーー』という声。
見回すと、隣の家の中から見知らぬ若い女の子が
『今日は外暑い?昨日よりも暑い?』といきなり聞いてきました。
この辺の建物は石造りなので中にいるとひんやりしてて外の温度が分からないのよね。

こんなお天気だと言うのに、夫は朝も早よから缶詰お勉強会に1泊で出かけました。

かわいそうに。
そして妻は海で読書。家の中にずっといると冷えるので海でお日様浴びて暖まるわけです。



先週の土曜日は友達のカフェを1人任されアルバイト。
この好天気で客足も良く大盛況でした。
ちっちゃな店とはいえどんどこ来るお客さんを、全部1人でまわすのはけっこうハードで久々にどっかり疲れました。

さすがにこう日照りが続くと、昨夏のように羊の餌になる草も枯れてきて、
本来まったく羊に手のかからない羊飼いさんたちもそろそろ昼間遊んでいられなくなるかもしれませんですよ。

Appendix

プロフィール

kirara

Author:kirara
現在Papaioea在住。

カウンター

ブログ内検索

御用達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。