Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるみと全粒粉のパン&チキン照り焼き風サンド

おとといの夕飯とランチ用に焼いたくるみと全粒粉のパン。
ポテトとアンチョビのグラタンと、パプリカのマリネと一緒に頂きました♪
DSCN2347.jpg

昨日買ってきたチキンの丸焼きの身をほぐして、照り焼き風に味付けし、さっと炒めてランチ用のサンドイッチに。
味付けは旦那くん担当。私が働いていたときはよくランチ用に作ってくれました。めちゃくちゃ美味しいので早弁の可能性が大♪
DSCN2349.jpg

スポンサーサイト

レモンマフィン

カレーパンの後はさっぱりとレモンのマフィンで。
・・・って、マフィン自体がバターと砂糖が入ってますからね。
でもレモンの香りがちゃんとさわやかさを醸しだします。
dscn2325.jpg

またもキノコになりませんでした。ふちまでたっぷり入れたのになぁ。
上品すぎるのよぉ~これじゃあ~!
まぁ、レモンのマフィンでこんもりキノコって似合わない気もしますが。。
どしたらこんもりした立派なキノコが作れるのでしょう?
誰か教えて!

カレーパン

キーマカレー風カレーの翌日に作ったカレーパン。
カレーパンが食べたくてキーマカレーにした、の間違いかな?
前に作った簡単な"伊藤家の食卓"版ではなく、ちゃんと発酵させて作りました。
DSCN2321.jpg

これがめちゃくちゃ美味しい♪
外はカリっと、中はふんわり。
ちょっと大きなカレーパン。
しかも山盛り。2人なのに・・・。
DSCN2294.jpg

バナナとはちみつパン

この間ジェイミーくんの話をしたあとサイトを覗いてみたら、めちゃくちゃ美味しそうなレシピが載っていたので挑戦!
はちみつの分量を間違えてちょっと甘さ控えめになっちゃったけど、バナナの甘みが味わえてこれはこれで良かった、かな?
DSCN2283.jpg

DSCN2269.jpg

ちょっと見た目も若干違うけど、しっとりふんわりできました。香りもよろしい♪
ちなみにこちらがお手本。これの1/3の量で作りました。
http://www.jamieoliver.com/recipes/2004/05/13/
banana_and_honey.php
今度はレシピどおりに作ってみよう~。

ダブル・キッチングローブ

前々から欲しかったオーブングローブ買っちゃいました♪
ダブルなの!
日本でみたことないんだけど(あるのかな?)、ここでは友達もダブルを使っていて"使い勝手良さそう!"と一目ぼれ。
DSCN2252.jpg

DSCN2255.jpg

私が買ったのはTyhoonというキッチン用品メーカーのもので、真ん中にフック付きマグネットがついているのでオーブンや冷蔵庫にペタッっとつけておけて便利。
DSCN2257.jpg

柄もカワイイものばかりでずーっと迷ってました。
明るい柄でキッチンもちょっと華やぎます。

もうちょっと使い込まないと、まだうまく掴めないんだなぁ(^^;

ミセス・フィールドのクッキー アレンジ版

"ミセス・フィールドのクッキー"という魅力的なレシピをベースに、家にあるものを色いろ混ぜ込んでアレンジしてみました。

オートミールは粗めがスキなのでのすり潰さずそのまんま。
シナモンとナツメグを少々プラス、ドライのいちじくとレーズンがあったのでそれも入れて。チョコレートはビターなものに。
かなり好みの味になりました♪
DSCN2202.jpg


これだけ変えたらミセス・フィールドとは言えないか(^^;

しかしこのミセス・フィールドさん、なかなかのやり手です。
20年前、このレシピを公開した人に$250で売られたものだそう。
最初は$25と店員さんから言われたのに、欲が出たのかやっぱり$250だと。だからこのレシピを公開した人はできるだけ多くの人に共有したいとの事。善い人です。

しかしマーサ・スチュワート(捕まっちゃったけど)、日本で言うところの栗原はるみ、イギリスではBBCのデリア・スミス、といった主婦が主婦業を商材にしたものがとっても流行ってますね。
日本でも人気がある(らしい)イギリスのジェイミー・オリバー君という若い男性の気軽に料理を楽しもうぜ!的なのも根強い人気。童顔でちょっとぽっちゃり目のアイドル風のようなところがまた奥サマたちを惹きつけるポイントなんでしょうが。

今回もchiblitsさんのレシピと情報を参考にさせて頂きました♪感謝!
http://www.geocities.jp/anyrecipe2/cake/recipes/mrsfield.html

The Pink Panther

旦那くんの待ちに待っていたスティーブ・マーチン大先生主演"The Pink Panther"。
DSCN2172.jpg

本日公開初日に行ってきました街の映画館。
ビックリなのは子供ちゃんばかり!チキンリトルの間違いだったかと一瞬不安になりました。

わざとらしいフレンチ訛りが可笑しかった!
あといつもの事ながらクルンとしたまつ毛も。
笑いのつぼはやはり違うみたいですね、イギリス人とアメリカ人。

街の映画館は古風なシステムが残っていて、本編に始まる前の予告が終わるとスクリーンの脇の小窓でスナックやら飲み物やらアイスクリームやらを売り出す。みんなそれに行列を作って買っています。
長い2時間半モノとかになると、途中1時間後に15分くらい休憩が入ってしまう。
ぶっ通しで観たい映画ファンにとってはとってもうっとおしいでしょーね(苦笑)。トイレの近い私にとってはちょっと安心♪
DSCN2190.jpg

このシステムが残ってるのも田舎ならでは、らしい。
田舎に住んでいるとこんな経験もできちゃうのね。
ラッキ♪ん?違う?
DSCN2183.jpg

クリームチーズクッキー

またまた在庫処分的に作ったお菓子(^^;
クリームチーズがBuy1 Get1 Freeだったもので使い切れず・・・。
なかなか減らないビターな板チョコもあったもので。
板チョコってたまぁにムショーに食べたくなるんですよねぇ。
でもすぐ満足しちゃう。
クッキー生地に砕いたクルミとチョコとブラウンシュガー、シナモンパウダーを巻き込んで焼いたもの。
DSCN2133.jpg

ちょっと不恰好だけど味は香ばしくって程よい甘さでナイスです♪

☆参考にしたレシピはこちら↓
http://www.geocities.jp/anyrecipe2/cake/recipes/
cream_cheese_spirals.html
ごめんなさぁい、つないでコピペしてくださいm(_ _)m
この方のレシピはすごく親切で分かりやすくてオススメ!
見てるだけでも楽しいけど、作りたい気も起こさせてくれます。

うーん、ちょっとだけ暖かくなってきたしいい加減運動しなきゃかなぁ~。

Gateaux Orange & 本日のランチ;ポテトツナサンド

オレンジをたくさん買って食べきれないので久々のガトーオレンジ。
フランス語で言うとちょっと洒落て聞こえちゃうけどオレンジパウンドケーキです。
たっぷり染み込ませたオレンジ汁とリキュールでしっとり。
薫りもふんわりで美味しい♪
DSCN2115.jpg

おまけに本日のランチ;
・ハイジの白パンで作ったポテトツナサンド。
・ピーナツバター&ダブルベリージャム、反対側ははちみつ。
DSCN2122.jpg


このピーナツバターにジャムの組み合わせって、初めてアメリカで出会った時には『うぇっ!』と思ったもんですが、1度味わってみると『こんな美味しい組み合わせ考えたの誰っ?』ってな具合にハマってしまったのでした。
ここウェールズを出たことのない彼の同級生はやはり『うぇっ』と言っていたそうな。

みなさんはこの組み合わせ、アリですか?ナシですか?

『Good Night, and Good Luck』。

今月初めに旦那くんのボスから急遽お誘いがあって観た映画
『Good Night, and Good Luck』。
112437818_221.jpg


彼の通う学校内のアートセンターにある小さな映画館。
町のポップコーンがちらばった庶民的なのとは違い、キレイで大人のための映画館。上映されるのも芸術的なものが多い。

今回観たこの映画は全て白黒。
一貫してフラットなのですが、とても緊張感のある繊細で映像も華麗な心に残る映画でした。
また観たい映画の1つ。

Happy Easter

この週末はイースターで、街は都会からの人で賑わっています。
海沿いの広場には、ミニチュア移動遊園地がやってきました。
前に来たものより数段ちっちゃな、昔デパートの屋上にあったような遊園地。
Puppy CatcherというUFOキャッチャーのようなものは、中央のプールに浮いている犬の人形を釣れたら欲しいものがもらえるみたい。女の子たちは真剣に釣っています。
その中でも驚きなのは、麻のマットのようなものを持って自分で階段を上がるらせん状のすべり台も3回で300円以上します。日本なら普通の公園にあるようなものなのですが・・・。
空とぶ車は何でこんなにどぎつい色と顔なんでしょう。
子供の色彩感覚はどうなっちゃうのかちょっと心配。

それでもまぁお天気も良く、みんな楽しい休日を過ごしていました。
DSCN2056.jpg

DSCN2062.jpg

DSCN2058.jpg

DSCN2064.jpg

道の無い駅

この駅には道がありません。
二つの方角に汽車(電気ではないのです。ディーゼル車)が分かれる分岐点というためだけに作られた(?)駅。名前の通り"Dovey Junction"。

でもこの駅を使う人はどうやって行くのでしょう。
周囲を見渡しても、線路の途中には橋がつながっています。
でも駅につながる道はありません。
橋の先に1軒の家と、丘の上の方にぽつんと数件家があります。
この人たちもたまには使うのでしょうが、どうやって駅に行くのでしょう?

不思議な駅。
DSCN1915.jpg

DSCN1913.jpg

紅茶マフィン(プレーン&いちじく入り)

シンプルな紅茶マフィンといちじく入り紅茶マフィン。

この間手に入れた"ちゃんとした"マフィン型で初焼き。
アールグレーが香りが強く出るとどのレシピにも書いてあったけど、家にあったアッサムの茶葉でもなかなか良い香り。
でもあのキノコ型のぽってりはみ出た固いところが遠慮気味になっちゃった。
今度はもっとこんもり盛って立派なキノコにしてみせよう。
dscn2017.jpg

DSCN2029.jpg

ソフト全粒粉パン

今日のランチはポテトサラダサンド。
DSCN2007.jpg

ランチ用のパンを焼いたつもりが、先日作ったパウンドケーキで余ったケシの実をふったらアンパン用のパンができた!
パンも化粧で化けます。
DSCN1992.jpg

DSCN1995.jpg

アンパンが作れる~♪アンパンが食べれる~♪
でもアンパンにはやはり白パンだ。

オーガニック屋さんで今度あずきを買ってあんこも作ってみよう。

Shrewsbury

土曜日はまた旦那ちゃんのワークショップでお出かけ日。
先週に引き続き私もついでに途中の町でぷらぷら&お買い物。
今回彼の出発は5:17amの電車。(-_-)zzz。
一緒に出てもまだ街は寝ているので、今回は行きは別々に2時間汽車の旅。

去年の暮れに、彼のボスたちと一緒にクリスマスショッピングに行った街、シュルースベリー。ウェールズからイングランドに入ったすぐの街で、ダーウィンの生まれ故郷。
城跡や古い建物がたくさんあって、ぷらぷら歩きが味わえる。
DSCN1967a.jpg


よく見かけるのは建物の奥につながる背丈の高い入り口や通路。これは昔、馬に乗ったまま敷地内に入るために高い入り口になっているんだそう。その情景が想像できて何だかわくわくします。
20060410210220.jpg


以外にも桜の木をそこここで見られ、驚きと嬉しさで足が吸い寄せられる日本人魂なんだろうな(笑)。もうほとんど散ってしまって見逃したけど、この立派な枝ぶりを見ると満開時にはさぞかし見事な桜観ができたんでしょう。来年か再来年、満開時にお花見に来たいなぁ。
sakura.jpg

Shrewsbury ~ランチ&買い物編~

またもや晴れ女のために気持ちの良いお散歩日和。太陽ありがとう!絵画のような景色を堪能。

ランチは小さな公園の脇にあるかわいらしいカフェのオープンランチに決定。玉ねぎとチーズのキッシュプレートとコーヒー。勝手にカプチーノで出てきましたが。。。〆て1500円くらい?やはり食事は高いのね(泣)。。。。
DSCN1941.jpg

DSCN1959.jpg

DSCN1956.jpg


午後もまた彼と待ち合わせ電車の時間まで街をぷらぷら。唯一ある日本&中国食材店(奥さん日本人で旦那さんイギリス人)にて餃子と春巻きの皮と豪華にも納豆をゲット!ちなみに全て冷凍。納豆2パック約350円也。フツーの納豆ですが超高級品。いつ食べようかなぁ。あぁ~楽しみ♪たまにはいいよね、たまには!

そしてキッチン用品屋さんを何件かはしご。本屋さんとキッチン用品屋さんは何時間いても飽きません。ついにちゃんとしたマフィン型も入手!次は何マフィンを作ろうかな?

帰りは急に夕立。街は6時にはすべて閉店。19:30の電車だけど仕方なく駅へ。さらに1時間離れた街から乗り換えのこの駅で彼と合流し、駅のホームの待合カフェで時間つぶし。
案の定30分電車が遅れ、家に着いたのは夜10時過ぎ。2人ともぐたり。

でもまぁお互い違った満足度の高いお出かけ日なのでした

追記を表示

ベーグル&ポピーシードとクリームチーズのパウンドケーキ

この街にはスタバがありません。
もちろんタリーズもエクセルシオールもありません。
学校街なのにぃー。
久々にバーミンガムでスタバに行ってムショーに食べたくなりました。
今はもうメニューにないのかな?

ポピーシードとクリームチーズのパウンドケーキ。
DSCN1880.jpg


ほんのりレモンの香り。
うーん、懐かしい味。結構近い味になりました♪

そしてランチのベーグル。
プレーンとドライいちじく入り。
DSCN1838.jpg

DSCN1863.jpg


プレーンはたまごサンドに。いちじく入りはクリームチーズ。

クリームチーズとブルーべリー
クリームチーズとはちみつ
この二つの組み合わせが最高に好き。

バーミンガム ~建物編~

"渡部篤の建物探訪"が好きである。
世界が誇る日本の建築技術はすばらしい。
狭い土地をいかに有効に使うかということも上手。

地震のないこの国ではデザインの幅も広い。
耐震構造も考えなくていいから構造もシンプル。
イギリス人が好きなDIY(Do It Yourself)でちょっとした家も建てられちゃうんじゃないかと思う。3匹のこぶたのように。

先日見に行った物件の、目が回るほどの傾き加減もそう珍しくはないのだろう。日本だったら震度4で倒れるでしょう。
でも1月末に竣工予定だった大学内の新しい建物もまだ当分かかりそう。簡単そうに見えるけど作るのにも時間がかかる。

バーミンガムの新しくできたモールはとても近代的で斬新なデザイン。
建物を見ているだけでも面白い。構造が自由すぎて中に居ると方向感覚を失うけど。
その脇に古い教会があったりして、その時間のギャップにぐらりとめまいもする。

でも中世的な建物の方が古きよきヨーロッパのイメージだなぁ。
DSCN1733.jpg

DSCN1739.jpg

DSCN1737.jpg

DSCN1732.jpg

バーミンガム ~市場編~

先週の金曜日は、旦那ちゃんの勉強会でバーミンガムに一緒についていき、私は1人で6時間ショッピング&街をぷらぷら探索。

前夜に彼は熱を出し(久しぶりの都会で興奮したのか?!)、あまり眠れず、朝7:30の電車に乗るのに目が覚めたのは7:10!!!ぎゃーっ!とりあえず歯磨き洗顔着替えを10分で済ませ、駅まで早歩き。何とか次の駅から1人乗り合わせる約束をしていた電車に間に合いました。ふぅ~、これ逃したら2時間待ちですからね。アブナイアブナイ。

バーミンガムにはつい最近、駅前に新しく大きなモールができた。1日そこで時間を潰せるとは聞いていたが、確かにかなり立派なもの。しかも斬新でスタイリッシュな建物。
でもせっかく3時間かけて遠出して、モールだけっていうのももったいない。しかも貴重な晴れた日でぷらぷら日和!

すぐ近くにマーケット発見!
平日だっていうのに朝からかなり賑わっていて、アメ横ばりの威勢の良い呼び込み声。女の人もドスを利かせて呼び込みしてる。新鮮な野菜や果物がたくさん並んでる。そして競争のない田舎と比べるとかなり安い!野菜も人もきらきらしています。
何だか久々に感じた活気の良さ!
さすがに野菜を持ってモールを歩くのも重いので、何時にマーケットが終わるのか八百屋の兄さんに聞くと、「おいらを飲みに誘おうと思ってるのかい?」。そんな気の利いた会話がまた楽しい。
屋根だけついた青空青果市の脇にはきれいな大きい倉庫風の生鮮食品やその他何でもありの建物があり、ここも掛け声が楽しい。魚介類も肉もどれも新鮮!

あぁ~、30分ぐらいのところにこんな街があったらいいのに!
DSCN1749.jpg

DSCN1742.jpg

DSCN1753.jpg

DSCN1755.jpg

Appendix

プロフィール

kirara

Author:kirara
現在Papaioea在住。

カウンター

ブログ内検索

御用達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。